美容の図書館員
美容に良い食べ物

カプサイシンだけじゃない!?唐辛子は美容成分がたっぷり!

ダイエット・美肌・むくみ・便秘に!唐辛子パワーの効果とは?

とうがらし(唐辛子)と言えばカプサイシンが真っ先に思いつくでしょう。

カプサイシンは唐辛子の辛さの素となっている成分で、発汗を促したり血流を改善したり、脂肪燃焼効果があると言われていたり。
サプリメントに利用されるほど様々な効果が示唆されています。

実は唐辛子の注目点はカプサイシンだけではありません。
ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で美容パワーが高い美フードなのです。

辛さがあるので大量摂取に向かない食材ですが、それを考えても見逃すのはもったいないほどの優秀さです。

改めて唐辛子に含まれる成分や効果を確認してアナタの美活に利用しましょう!

唐辛子とは?

唐辛子はナス科トウガラシ属の植物。

トウガラシ属の植物は様々な種類が存在しており、実はピーマンやパプリカなども唐辛子と同じナス科トウガラシ属で仲間になります。

一般的に唐辛子は辛いものですが、その中には辛くない種類も見られます。

唐辛子の種類
辛い唐辛子の種類
  • 鷹の爪
  • 八房
  • ハラペーニョ
  • ハバネロ
  • 島トウガラシ
辛くない種類の唐辛子
  • シシトウ
  • ピーマン
  • パプリカ

料理の食材や香辛料として様々なシーンで幅広く利用されています。

栄養成分

唐辛子に含まれる栄養成分

唐辛子はビタミンやミネラルなど栄養成分が豊富に含まれています。

唐辛子100gあたりに含まれる成分はこうなっています。

数値だけを見れば確かに優れた栄養を含んでいますが、これはあくまで100gでのもの。

唐辛子1本は個体差にもよりますが0.5g前後。
つまり上の栄養成分リストの数値分を摂取しようとするなら唐辛子200本を食べる必要が出てきます。

あまり現実的ではありませんのでご注意ください。

唐辛子100gの基礎成分
カロリー
96kcal
たんぱく質
3.9g
脂質
3.4g
炭水化物
16.3g
食物繊維
10.3g
水溶性食物繊維
1.4g
不溶性食物繊維
8.9g
糖質
6.0g
ミネラル
ナトリウム
6mg
カリウム
760mg
カルシウム
20mg
マグネシウム
42mg
リン
71mg
2.0mg
亜鉛
0.5mg
0.23mg
マンガン
0.27mg
ビタミン
βカロテン当量
7700㎍
ビタミンA
640㎍
ビタミンE
11.0mg
ビタミンK
27㎍
ビタミンB1
0.14mg
ビタミンB2
0.36mg
ナイアシン
3.7mg
ビタミンB6
1.0mg
葉酸
41㎍
パントテン酸
0.95mg
ビタミンC
120mg
脂肪酸
1.23g

唐辛子の美容効果

唐辛子の注目成分はカプサイシンです。

カプサイシンは辛味成分で様々な美容・健康への作用があると言われています。

カプサイシンも含めた唐辛子の栄養がどのような効果をもたらすのか見てみましょう。

体脂肪の燃焼を促す

脂肪燃焼

唐辛子のカプサイシンにはカラダの脂肪が燃えるのを促す働きがあると言われています。
これは単なる噂の類ではなく、マウスやヒトでの検証から一定の有効性が推察されているものです。

カプサイシンにはリパーゼという脂肪を分解する酵素を活性化する働きがあり、それが体脂肪の減少、ダイエットに繋がると考えられています。

また、カプサイシンの辛味は味にメリハリが出るため、調味料として使って塩分を少なくすることで健康的な食事にすることが可能です。
高血圧対策などに有効とされています。

様々な栄養が美肌をつくる

美肌

唐辛子は様々な栄養を含んだ食材です。
ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群やカリウム、リン、鉄などミネラルが見られます。

特にビタミンは美肌を作ったり維持するためには重要な成分です。
また、カプサイシンは血行を良くする働きがあるので、肌を作るための栄養が全身に行き渡りやすくなります。

大量に摂取するのが難しいとはいえ、唐辛子を摂取することが美肌にプラスになるのは間違いないでしょう。

むくんだカラダをサッパリ戻す

カプサイシンにはカリウムと呼ばれるミネラルが含まれています。

むくみは、細胞内にナトリウム(つまり塩分)が増えて濃度を下げるために水を吸収することで起こる水ぶくれ状態です。

むくみとカリウムの関係

カリウムには、むくみの原因となる体内のナトリウムを排出して水分とのバランスを調整することで、むくみを解消する働きがあります。
カプサイシンの発汗作用も水分とナトリウムの排出に繋がるとされているので、唐辛子は、むくみ解消のサポートに繋がる食材と言えます。

腸を刺激してお腹スッキリ

ビタミンやミネラルと共に唐辛子に含まれているのが食物繊維です。

食物繊維が腸の働きを活性化させ、便を促す効果があるのは広く知られている通りです。

大腸の蠕動運動

これは、食物繊維が腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にしたり、発酵して善玉菌が増えるためのエサとなることで腸内環境を整える働きのためです。

同時にカプサイシンにも腸を刺激する作用があるため、唐辛子の適量摂取は便秘の改善にも役立つと考えられています。

唐辛子の商品

既に記述したとおり、唐辛子は栄養が豊富なものの辛さを含むため大量に摂取出来ないという難点も持っています。
また、そもそも辛さの刺激が苦手と言う人もいるでしょう。

しかし様々なメリットを持つ唐辛子成分を効果的に摂取する手段のひとつとしてサプリメントの利用が挙げられます。

ダイエットに、便秘やむくみの悩み改善に。

選択肢のひとつとして検討してみても良いかもしれません。

美容の記事を目的別に探す

スキンケア

スキンケアとは? 肌のゴールデンタイム 肌トラブルの原因と対策 乾燥肌 シミ 年齢別トラブル 紫外線と近赤外線 地域による違い
フェイスケア クレンジングとは? おすすめクレンジング剤 オイル バーム ローション ミルク ジェル クリーム 洗顔&マッサージ 正しい洗顔方法 水洗顔 牛乳洗顔 はちみつ洗顔 フェイスケアの順番と方法 フェイスケアのクリーム&ジェル 化粧水 美容液 乳液 クリーム オールインワン ニキビ対策 黒ずみ対策 美肌菌の育て方 顔マッサージの方法 ツボ押し オイルプリング
デコルテケア デコルテとは? 美デコルテの作り方 デコルテケアのクリーム&ジェル
エイジングケア アンチエイジング方法 エイジングサイン アンチエイジングの食べ物
日焼け対策 おススメ日焼け止め SPFとPAの違い
美肌に良いフード&ドリンク

シェイプアップ

スリーサイズ黄金比の計算方法
バストアップ ストレッチ エクササイズ マッサージ サプリメント バストアップ補正下着&グッズ
ウエストダウン ストレッチ エクササイズ マッサージ
ヒップアップ エクササイズ マッサージ
二の腕 エクササイズ
美脚 エクササイズ マッサージ ストレッチ 美脚タイツ・ストッキング サプリメント

ダイエット

食べ物でダイエット 食べ方でダイエット 低糖質 カロリー制限 グルテンフリー 年末&正月太り解消 ダイエットにおススメの食べ物 ダイエット中でも食べられるスイーツ ダイエット向けサプリメント
運動でダイエット 代謝アップ 脂肪を減らすマッサージ 耳つぼダイエット 「関元」を押す
ダイエットの知識 ケトン体 GI値 食べ物を角砂糖に換算すると? 体重・BMI 美容体重の計算機 芸能人のBMI

その他

デトックスとは? 便秘解消におススメの食材 むくみ解消におススメの食材 スーパーフード スムージー 貧血予防におススメの食べ物