スキンケア

肌のキメとは?キメ細かい肌の作り方とメリット&ハトムギのすすめ

肌のキメとは?作り方とオススメ食材「ハトムギ」

美肌キーワードのひとつに肌のキメの細かさがあります。

そもそも肌のキメが何なのかを正しく理解してスキンケアを行っていますか?

肌のキメは、肌を美しく見せたり肌の機能を正常に保つためにも重要な要素なのです。

この記事では

肌のキメって何?

という人に向けた

肌の表面の美しさに関する情報

をお届けします。

肌のキメとは?

肌のキメって何?という問いには、画像で答えるのが最もわかりやすいでしょう。

肌のキメとは何?の答え

肌の表面は拡大してみると凹凸になっています。

皮溝(ひこう)と呼ばれる凹んだ溝の部分と皮丘(ひきゅう)と呼ばれる隆起した凸の部分です。

この凹凸によって作られる三角になった箇所をキメと呼んでいます。

キメの細かい肌の状態

キメの細かい肌へ・・・

化粧品やスキンケア用品のキャッチコピーとしては、よく使われそうな文章です。

肌のキメが何なのかはご紹介した通りですが、キメが細かいとはどんな状態なのでしょう?

肌のキメの荒さ比較

肌のキメを構成する皮溝が浅くて皮丘が細かい状態

これがキメ細かい肌とされています

キメ細かい肌のメリット

キメが荒い肌は、機能性と外見の2つの点でデメリットが生じる可能性を含んでいます。

肌を守る働き

肌バリアで刺激から守る「セラミド」

1つは機能性

カラダには肌を正常に維持するため、保水・保湿や肌バリア機能を持っています。
皮脂などこの機能を維持するために必要な成分が行きわたらずに機能が低下していく可能性があるのです。

キレイな肌

もう1つは見た目の問題

肌は光を受けて反射することで明るい&暗いと印象が変わってきます。

肌の印象はキメの細かさと光の反射で変わる

肌の光の反射は、肌のキメが細かさによって異なります。

肌のキメが細かいとしっかり反射してくれるので肌全体が明るく光り輝く印象に。
肌の凹凸による暗さや毛穴、黒ずみなども光の反射でカバーされ、目立ちにくくなります。

逆に肌のキメが荒いと光が拡散して上手く反射しないため全体的に暗い沈んだ印象を与えます。
シミやシワ、毛穴も目立つため美しさからは程遠い肌になってしまいます。

美肌メリットを受けられるため、美容に関心の高い人々はキメ細かい肌を目指しているのです。

キメの細かい肌を作る方法

水分を十分に含んだみずみずしい潤い肌は、キメがキレイに整っていると言われます。
見方を変えれば、カサつきのある乾燥した肌ではキメが荒くなるということを意味しているのです。

つまりキメ細かい肌を作るためには乾燥を防いで十分な保湿を行うことがポイントになってきます。

乾燥肌対策と肌の保湿に関する具体的な方法は、下の記事をご覧ください。

肌のキメにはハトムギがおすすめ!?

ハトムギはイネ科の植物で健康食品に利用されているメジャーな食材のひとつ。

ハトムギ由来のエキスが化粧品に用いられることも多いスキンケア成分としても知られていますが、実は食べても肌に良いということが明らかにされました。

ハトムギを食べると肌にプラスに!?

ハトムギ種子から抽出したエキス1000mgを含んだ食品を1日1回摂取
これを8週間繰り返した際の肌への影響に関する試験の実施されました。

4週間ほどで肌の角質の状態が改善し、キメの細かさも良好、肌の反射も良くなり透明感がアップした

という結果が報告されています

ハトムギが美肌にとってどれほど優秀な食材なのかは下の記事で詳しく取り上げているので是非ご覧ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で【公式】ビューティーライブラリ~美容の図書館~をフォローしよう!