ウエストダウン

くびれを作る簡単お腹やせエクササイズまとめ【レベル別】

くびれ作りにおススメな簡単エクササイズ&ストレッチ

”くびれ”のあるウエストを手に入れるためには、エクササイズが有効です。

そもそもくびれのあるウエストとは、どんな状態なのかを確認してみましょう。

くびれのあるウエスト(腰)

このようなお腹を中心としたボディーラインが「く」の字になっているウエストがくびれのある状態です。

くびれの部分には腹斜筋という筋肉があります。
そのため、お腹の横を刺激することで脂肪を減らし筋肉を引き締めることで理想的なくびれのあるウエストに近づけると言えます。

言い換えばお腹やせしてお腹の筋肉を引き締めよう!ということです。

ということで、この記事では簡単にできるものから効果的なものまで様々な難易度のくびれを作るためのストレッチやエクササイズをご紹介します。

くびれ作り&お腹やせに最適なシェイプアップグッズもおススメしていますので、ぜひ参考にしてください。

【レベル1】横回転でひねるストレッチ

とても簡単に行える「くびれストレッチ」。

腰を中心に回転運動を行いひねりを加えることでウエストに刺激を入れます。

左右、両方に対して行います。

Step1
くびれ作りの横回転ストレッチ(1)
  1. 足を肩幅くらいに広げて立つ
  2. 両手を正面に伸ばし胸の高さで組む
  3. ゆっくりと息を吸い込む
Step2
くびれ作りの横回転ストレッチ(2)
  1. ゆっくりと、息を吐きながら右(または左)に捻る
  2. 両手の位置は胸の正面を維持
  3. 適度なところで5秒ほど止める
  4. 正面に戻す時に息をゆっくりと吸う
  5. 左(または右)で同じことを行う

【レベル2】左右に上体を傾けるストレッチ

こちらも簡単に行える「くびれストレッチ」。

カラダを左右に倒して反らすことでウエストに刺激を与えます。

左右、両方に対して行います。

タオルがあると、より安定して行えますがお好みでどうぞ。

Step1
くびれ作りの横に反らすストレッチ
  1. 両手を上に伸ばし頭上で組む
  2. ゆっくりと息を吸いこむ
  3. ゆっくりと息を吐きながら右(または左)に倒す
  4. 5秒ほど止めたらゆっくりと息を吸いながら戻す
  5. 同じことを左(または右)で行う
Step2
くびれ作りの横に反らすストレッチ(タオルを使う)
タオルを使うと上体が安定して、タオル無しより深く反らすことができます。

【レベル3】うつ伏せ⇒上体反らしストレッチ

うつ伏せ状態から上半身を反らして左右に捻りを加えるストレッチです。

レベル1・レベル2に比べると少々難易度が上がります。

左右、両方に対して行います。

Step1
くびれ作りの上体反らしÒ捻りストレッチ(1)
  1. うつ伏せになる
  2. 両手を床に着けて上半身を起こす
  3. 痛くなく気持ちよいと感じるところで止める
Step2
くびれ作りの上体反らしÒ捻りストレッチ(2)
  1. ゆっくり息を吸う
  2. ゆっくり息を吐きながら、左(または右)に捻りを加える
  3. 5秒ほど止めたらゆっくり息を吸いながら正面に戻す
  4. 右(左)でも同じことを行う

【レベル4】仰向けで腰をひねるストレッチ

仰向けの状態で足を組んで左右に倒すことでウエストに捻りを加えるストレッチ。

顔を足とは逆方向に捻ることで首のストレッチも行えます。

左右、両方に対して行います。

Step1
仰向けでウエストを捻るストレッチ(頭上視点)
  1. 仰向けになる
  2. 左足を立て、右足を左足の上に乗せる
  3. ゆっくり息を吸い、吐きながら足を左に倒す
  4. 同時に顔は足を倒した方向と逆に向ける
  5. 5秒ほど止めたら元に戻す
  6. 左右を逆にして同じことを行う
Step2
仰向けでウエストを捻るストレッチ(左視点)
仰向けでウエストを捻るストレッチ(右視点)
足を右に倒す場合は、右足を立てて左足を右足の上に乗せます。
首のストレッチは痛みが無い気持ち良い範囲で行いましょう。

【レベル5】ツイスター腹筋エクササイズ

難易度と負荷が高いです。

やることは腹筋ですが、通常の腹筋が中央に刺激を入れるのに対して、このツイスター腹筋はお腹の脇を中心に鍛えます。

左右、両方に行いましょう。

Step1
ツイスター腹筋(1)
  1. 仰向けになる
  2. 右手を頭の後ろに添える
  3. 右ひじと左ひざをくっ付けるように上半身と左足を起こす
  4. 右ひじと左ひざがくっ付いたら元に戻す
  5. 5回ほど行ったら左右を入れ替えて同じことを行う
Step2
ツイスター腹筋(2)
回数は各自の体力に合わせて増減させてください。

くびれ作りをサポートする「ウエストダウンアイテム」

使うとくびれ作りの効果がアップするかもしれないシェイプアップ用アイテムをご紹介します。

主にカラダに装着してストレッチやエクササイズを行うことで高い効果を得たり、普段から身に付けることでシェイプアップ効果を得ようというものです。

シェイプアップベルト

下腹スリムスイング

下腹スリムスイング
価格:5184円
仰向けに寝て下半身を横に捻ることでウエストを鍛えるストレッチを、もっと簡単に行うためにサポートアイテム。

両足を入れてコロコロ転がすだけのエクササイズグッズ「下腹スリムスイング」

ビバフープ

着けて振るだけのくびれエクササイズ



カラダを横回転で捻ることでウエストに刺激を入れる「くびれエクササイズ」を楽にサポートするアイテム。
カリスマ美容整体師「波多野賢也」氏が監修しているのもポイント。
1日1分の簡単「くびれ」エクササイズで美ボディを手に入れよう!

Slim Shape(スリムシェイプ)

履くだけで「くびれ」ケア



履くだけで骨盤をケアしてウエストのくびれをサポートするショーツ。
ポイントは5つ。
「計算された着圧構造」「ウエストまでカバー」「美尻に持ち上げ」「冷えの悩みもサポート」「ムレないショーツ」
仕事中でもプライベートでも常にケアして「くびれ」ボディに!

くびれ作りサポーター

「ヒロミ」プロデュース!「Vアップシェイパー」



タレントの「ヒロミ」さんが開発をプロデュースしたウエストを引き締めるサポーター。
彼はタレントだけでなくトレーニングジムのオーナーとしての顔も持っています。つまりシェイプアップのプロフェッショナルということ。
「お腹やせ」や「くびれ作り」を目的に腹筋トレーニングのために作られたウエストサポーターをお試しください。

ポイントは「楽に始める」

以上、くびれを作るためのエクササイズ&ストレッチ法とおススメのサポートグッズをご紹介しました。

ダイエットでもシェイプアップでも言えることですが、短期間に高負荷を掛けるよりも、緩くても長期間継続する方が大切です。
まずは簡単なエクササイズやストレッチから行ってカラダを馴らし、徐々にレベルアップしていきましょう。

時間がないという人は、より楽にエクササイズやストレッチ効果が得られるシェイプアップグッズの利用もおススメです。

コツコツ継続して「くびれ」のある美ボディを手に入れましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で【公式】ビューティーライブラリ~美容の図書館~をフォローしよう!