美容の図書館員
スキンケア

スキンケアとは?美肌の決め手は「肌のゴールデンタイム」

女性の為のスキンケア情報

この記事は、スキンケアという言葉が意味しているもの、つまり定義を独自の見解で示しています。

言葉の意味と目的意識を明確にしつつ、具体的なスキンケアの方法を掲載した記事へとリンクさせていきます。

『そんなことわかっている!』

という内容ばかりかもしれませんが、当たり前のことを文字にして定めることもこの記事の目的のひとつです。

読み飛ばしてもらってOKですが、「肌のゴールデンタイム」の部分だけでも目を通してみることをおススメします。

スキンケアとは?

スキンケアという言葉を再確認してみましょう。

スキンケアの定義
化粧品などでケアしたり、マッサージ・運動・生活習慣の見直しなどを行うといった肌を健康で美しく保つためのメンテナンス

言葉にすればこんなところでしょう。

方法は様々ですが

美肌の基本!丁寧な洗顔でスキンケア
  • 肌環境の悪化を防ぐために洗顔を行う、
  • 美容成分を含んだ液体を肌細胞に吸収させる
  • 肌の乾燥を防ぐために保湿を行う
  • マッサージで肌を活性化させる
  • 食事の栄養や生活習慣の管理を行う
  • 肌トラブルの原因を何かしらの方法(医療行為・美容エステ・民間療法など)で取り除く

具体的にはこういった類の行為がスキンケアに該当すると言えます。

スキンケアを行う目的

スキンケアは女性に限ったメンテナンスではありません。
大昔は女性のみのケアだったかもしれませんが、現在は男性用のスキンケアグッズも多数発売しています。

女性も男性もスキンケアを行う目的は、たったひとつ。

美しい女性

肌をキレイにしたい

これだけです。

個人差はありますが、肌が荒れていると人に見られた際にどうしても恥ずかしいという劣等感が沸き上がります。
常にキレイな肌を人に見てほしいという欲求を持つ人もいるでしょう。
身だしなみのひとつとして肌をキレイに整えておきたいという意識の人もいるかもしれません。

こういった感情を満たすために人はスキンケアを行うのです。

カラダのどの部分をケアする?

石垣にすわる女性

スキンケアの対象となるのは全身です。
カラダのパーツを限定することはありません。

ただし、実際にスキンケアを行うカラダのパーツは、普段から他人に見られやすい部分が優先されるでしょう。

つまり、顔・首・デコルテ・手・脚(太もも~足先)などが優先され、その中でも最も人に見られるが最優先になっているはずです。

スキンケアのベストタイミング

スキンケアを行う最適なタイミングは寝る前です。

寝る前にスキンケアを行う理由
  • 美容成分を浸透させるにはメイクを落とし毛穴の汚れを取り除く必要がある
  • 肌のゴールデンタイムが睡眠中に訪れる

肌のゴールデンタイムとは、健康的な肌を作るために睡眠をとるべき時間帯のことです。

このゴールデンタイムには、脳下垂体と呼ばれる部分から成長ホルモンが分泌されます。

肌は常に古い細胞が除去され新しい細胞と入れ替わることで、健康&美しさを保ちます。
成長ホルモンはこの細胞の新陳代謝のサイクル(ターンオーバーという呼ばれ方をしています)を促進する働きがあることから、美肌にとってゴールデンタイムは重要になります。

具体的な肌のゴールデンタイムですが

睡眠が始まってから3時間

と言われています。

「肌のゴールデンタイム」のグラフ

グラフにするとこのような感じです。

この3時間に良質な睡眠を確保することが大切になってきます。

一般的に夜の10時から夜中の2時ごろが肌のゴールデンタイムと言われていましたが、重要なのは時間帯ではなく、いつ寝てたとしても入眠から数えて3時間が重要になるそうです。

スキンケアの基本は自宅!でも酷い肌トラブルは医者に行こう

日常的に行うスキンケアは自宅でのメンテナスがメインです。

ただし、それ以外にもケースによっては医療機関やエステなどを利用する方法があります。

この記事では、大きく3パターンに分類しました。

自宅でのスキンケア

自宅で行うスキンケア

最も一般的なスキンケアが自宅でのセルフメンテナンスです。

洗顔と化粧水や乳液、+αによるケアで肌の汚れを落としたり、美容効果の高い成分を吸収させたり、肌の保湿を行ったり、マッサージを行ったりと方法やケア製品は多種多様に存在しています。

通常スキンケアと言えば、この自宅でのメンテナンスを指すでしょう。

エステでのスキンケア

美容サロン・エステ

いわゆるエステサロンと呼ばれるものです。

施術内容は様々ですが、一般的なものとしては、美容オイルを使った全身マッサージでカラダを引き締めたり、血液やリンパの循環を促進したり、歪みを解消したりと医療行為に該当しない施術が行われます。
全国各地にエステサロンは存在しているので訪れるのは容易ですが、通常のマッサージに比べれば価格は高めとなっています。

経済的に余裕があれば定期的に通いたい施設、という存在です。

医療機関でのスキンケア

医者のカウンセリング

医療機関の場合、美容外科や皮膚科などが中心になるでしょう。

ただし、美容外科とそれ以外の医療機関では目的が異なるはずです。

美容外科を受診する場合

このケースは、自宅やエステでメンテナンスの延長上に位置すると考えられます。
よりキレイになりたいという目的をもって、専門的な施術を希望する場合に受診を検討するはずです。

例えば

  • シミ・シワを除去
  • 肌を美白にしたい

といったものです。

日常的なスキンケアの最上級といったイメージでしょうか。

ただし、美容目的の治療では保険が適用されないケースが多いので、全額自己負担の可能性は高いでしょう。
しっかりと、どんな目的で受診するのか、料金はどのくらい掛かるのかを把握し理解しておく必要があります。

皮膚科などを受診する場合

こちらのケースは、完全に治療を前提にして受診になるでしょう。
深刻な肌トラブルが起きて、市販の化粧品や日常的なスキンケアでは対処ができない場合です。

皮膚科を受診するレベルになると、もはやスキンケアと呼んでよいのかは少々疑問もありますが、この記事ではスキンケアのひとつに加えておきます。

なお、当サイトでは医療行為に該当する内容の記事は取り扱いません。
今回はスキンケアという言葉の定義や内容を明確にしてみようという意図でここに掲載しています。

もし深刻な肌荒れに悩む方がこの記事を見たのなら、インターネットで調べるよりも、速やかにお近くのお医者さんに診てもらいましょう。
ハッキリ言って、ネットで調べるという行為よりも、お医者さんで診断してもらう方が遥かに短時間で解決に向かいます。

カラダの各部のスキンケア方法はこちらでチェック

カラダの各部分におけるスキンケア方法は、下のリンク先をご覧ください。

フェイスケア

フェイスケアのイメージ

顔に関するスキンケアの情報は下のリンクをクリックしてチェック!

デコルテ(首~胸元)ケア

デコルテのイメージ

デコルテケアに関する情報は下のリンクをクリックしてチェック!

背中ケア

coming soon

ハンドケア

coming soon

レッグケア

coming soon

美容の記事を目的別に探す

スキンケア

スキンケアとは? 肌のゴールデンタイム 肌トラブルの原因と対策 乾燥肌 セラミド シミ 年齢別トラブル 紫外線と近赤外線 地域による違い ボディソープ選び ダメージ肌修復の栄養素
フェイスケア クレンジングとは? おすすめクレンジング剤 オイル バーム ローション ミルク ジェル クリーム 洗顔&マッサージ 正しい洗顔方法 水洗顔 牛乳洗顔 はちみつ洗顔 フェイスケアの順番と方法 フェイスケアのクリーム&ジェル 化粧水 美容液 乳液 クリーム オールインワン ニキビ対策 黒ずみ対策 美肌菌の育て方 顔マッサージの方法 マッサージクリーム&オイル ツボ押し オイルプリング
デコルテケア デコルテとは? 美デコルテの作り方 デコルテケアのクリーム&ジェル
エイジングケア アンチエイジング方法 エイジングサイン アンチエイジングの食べ物
日焼け対策 おススメ日焼け止め SPFとPAの違い
美肌に良いフード&ドリンク ピーリング

シェイプアップ

スリーサイズ黄金比の計算方法
バストアップ ストレッチ エクササイズ マッサージ サプリメント バストアップ補正下着&グッズ
ウエストダウン ストレッチ エクササイズ マッサージ
ヒップアップ エクササイズ マッサージ
二の腕 エクササイズ
美脚 エクササイズ マッサージ ストレッチ 美脚タイツ・ストッキング サプリメント

ダイエット

食べ物でダイエット 食べ方でダイエット 低糖質 カロリー制限 グルテンフリー 年末&正月太り解消 ダイエットにおススメの食べ物 ダイエット中でも食べられるスイーツ ダイエット向けサプリメント
運動でダイエット 代謝アップ 脂肪を減らすマッサージ 耳つぼダイエット 「関元」を押す
ダイエットの知識 ケトン体 GI値 食べ物を角砂糖に換算すると? 体重・BMI 美容体重の計算機 芸能人のBMI

その他

デトックスとは? 便秘解消におススメの食材 むくみ解消におススメの食材 スーパーフード スムージー 貧血予防におススメの食べ物