美容の図書館員
美容に良い食べ物

女性の野菜「かぼちゃ」で始めるお腹スッキリ&美肌生活

女性に大人気!美肌・アンチエイジング・便秘に「かぼちゃパワー」

かぼちゃは女性の悩み解決をサポートする優秀な野菜です。

男性に比べると女性の方が圧倒的にかぼちゃを好んで食べているのは気のせいだけではないでしょう。
様々な理由はありますが、かぼちゃの栄養素が、女性に好まれる理由のひとつ。

  • 肌の悩み
  • 年齢の悩み
  • 便秘の悩み

もし、食べず嫌いでかぼちゃを避けている人がいるなら今回の記事でかぼちゃパワーに触れてみましょう。

今日からかぼちゃで美活が始まるかもしれません。

かぼちゃの基礎知識

カボチャはウリ科に属するアメリカ原産の野菜。

漢字では南瓜と表記。
英語では、皮がオレンジ色のものをパンプキン(pumpkin)、それ以外のものをスクウォッシュ(squash)と呼ぶようです。

カボチャの種類と英語名

栄養価が高く、主に煮る・焼くといった調理法で皮まで食用が可能。
かぼちゃの種はナッツのひとつとして流通しており、ムダな部分が一切ない優秀な食材と言えます。

栄養成分

かぼちゃは調理や保存の方法で栄養が異なります。

生・茹で・焼き・冷凍、それぞれのかぼちゃ100gあたりのの栄養成分は次のようになっています。

生のカボチャ

生かぼちゃ

カロリー
91kcal
たんぱく質
1.9g
脂質
0.3g
炭水化物
20.6g
食物繊維
3.5g
カリウム
450mg
マグネシウム
25mg
リン
43mg
0.5mg
βカロテン
3900㎍
ビタミンB1
0.07mg
ビタミンB2
0.09mg
葉酸
42㎍
ビタミンC
43mg
茹でカボチャ

煮かぼちゃ

カロリー
93kcal
たんぱく質
1.6g
脂質
0.3g
炭水化物
21.3g
食物繊維
4.1g
カリウム
430mg
マグネシウム
24mg
リン
43mg
0.5mg
βカロテン
3900㎍
ビタミンB1
0.07mg
ビタミンB2
0.08mg
葉酸
38㎍
ビタミンC
32mg
焼きカボチャ

焼きカボチャ

カロリー
122kcal
たんぱく質
2.5g
脂質
0.4g
炭水化物
27.7g
食物繊維
5.3g
カリウム
570mg
マグネシウム
31mg
リン
55mg
0.6mg
βカロテン
5400㎍
ビタミンB1
0.09mg
ビタミンB2
0.12mg
葉酸
58㎍
ビタミンC
44mg

美容に良いかぼちゃの効果

かぼちゃは様々な栄養をバランスよく含んでいますが、主に次のような美容への効果が注目されています。

美肌づくりに必須のビタミン

かぼちゃには、ビタミンB群、ビタミンCが含まれています。

ビタミンB1・B2などのビタミンB群は体内でエネルギーを作る際に必要とされるだけでなく、肌や粘膜を健康に保つ働きがあります。
ビタミンCは「美容のビタミン」と呼ばれており、美肌にとっては必須とされるコラーゲンを生み出すために使われます。

肌細胞とコラーゲンの関係

コラーゲンは肌細胞を結合する役目を持つもので、弾力性があるためハリやツヤのある肌の要とも言えます。

抗酸化ビタミンで若々しさを維持

かぼちゃに含まれるβカロテンとビタミンEは、抗酸化作用を持つビタミン。

抗酸化とは老化の原因となる活性酸素を除去する働きでアンチエイジングに重要な要素です。

活性酸素と抗酸化作用のイメージ

アンチエイジング効果が得られれば、肌のターンオーバー(新陳代謝)も活性化される可能性が高いので、シミやシワが少なくハリやツヤのある若々しい見た目を保つために役立ってくれます。

なおβカロテンは、かぼちゃの皮に多く含まれているので煮物などで皮ごと食べることをおススメします。

食物繊維でお腹スッキリ

かぼちゃは食物繊維を豊富に含んだ野菜です。

食物繊維は水に溶けやすい水溶性と水に溶けにくい不溶性に分かれますが、かぼちゃは不溶性の比率が高い食材。

総量水溶性不溶性
3.5g0.9g2.6g
茹で4.1g0.9g3.2g
焼き5.2g1.3g3.9g

かぼちゃの調理方法によって食物繊維量に変化があるものの、概ね3.5g~5.5gほどを含むようです。

水溶性食物繊維は粘着性・吸着性があり発酵性を持っており、空腹になりにくく糖の吸収も緩やかにする・コレステロールなどを排出する・腸内で善玉菌が増えるといった働きが見られます。
一方、不溶性食物繊維は腸の動きを活発にし排便を促すことから便秘解消に繋がる可能性を秘めています。

どちらも腸内の環境を整えることで、便秘の悩みやダイエットをサポートしてくれるでしょう。

『調理が面倒!』な人におススメのかぼちゃ摂取法

普段料理をしない、かぼちゃの調理が面倒という人は、かぼちゃパワーが粉状になった「かぼちゃパウダー」をを使うと良いでしょう。

水を加えてペースト状にして料理に添えるだけなので、お手軽にかぼちゃのビタミンや食物繊維が補給できます。
牛乳と合わせてラテのようなドリンクにしてもOKです。

美容の記事を目的別に探す

スキンケア

スキンケアとは? 肌のゴールデンタイム 肌トラブルの原因と対策 乾燥肌 シミ 年齢別トラブル 紫外線と近赤外線 地域による違い
フェイスケア クレンジングとは? おすすめクレンジング剤 オイル バーム ローション ミルク ジェル クリーム 洗顔&マッサージ 正しい洗顔方法 水洗顔 牛乳洗顔 はちみつ洗顔 フェイスケアの順番と方法 フェイスケアのクリーム&ジェル 化粧水 美容液 乳液 クリーム オールインワン ニキビ対策 黒ずみ対策 美肌菌の育て方 顔マッサージの方法 ツボ押し オイルプリング
デコルテケア デコルテとは? 美デコルテの作り方 デコルテケアのクリーム&ジェル
エイジングケア アンチエイジング方法 エイジングサイン アンチエイジングの食べ物
日焼け対策 おススメ日焼け止め SPFとPAの違い
美肌に良いフード&ドリンク

シェイプアップ

スリーサイズ黄金比の計算方法
バストアップ ストレッチ エクササイズ マッサージ サプリメント バストアップ補正下着&グッズ
ウエストダウン ストレッチ エクササイズ マッサージ
ヒップアップ エクササイズ マッサージ
二の腕 エクササイズ
美脚 エクササイズ マッサージ ストレッチ 美脚タイツ・ストッキング サプリメント

ダイエット

食べ物でダイエット 食べ方でダイエット 低糖質 カロリー制限 グルテンフリー 年末&正月太り解消 ダイエットにおススメの食べ物 ダイエット中でも食べられるスイーツ ダイエット向けサプリメント
運動でダイエット 代謝アップ 脂肪を減らすマッサージ 耳つぼダイエット 「関元」を押す
ダイエットの知識 ケトン体 GI値 食べ物を角砂糖に換算すると? 体重・BMI 美容体重の計算機 芸能人のBMI

その他

デトックスとは? 便秘解消におススメの食材 むくみ解消におススメの食材 スーパーフード スムージー 貧血予防におススメの食べ物