美容の図書館員
アンチエイジング

たまごのアミノ酸パワーでアンチエイジング&美肌を作ろう!

たまごで始める美肌づくり&アンチエイジング

たまごは一般的に広く用いられている食材のひとつ。
誰でも一度は口にしたことがあるでしょう。

卵が高い栄養価を含む優秀な食材であることは大昔から知られていた話です。
そのため、基本的には健康に良い影響を与えることは触れる必要がない事実です。

しかし、卵が美容にどのような栄養を与えるのかという点を考えたことはありますか?

卵の持っているアミノ酸やビタミンは美肌づくりにとてもプラスとなるのです。

では、今回は卵と美肌の関係をご紹介していきましょう。

たまごのおさらい

卵と生卵

学術的な定義は置いておくとして、一般的に卵と言えばニワトリの卵を指します。
スーパーで販売されている卵のほとんどがニワトリ、若干うずらの卵が取り扱われている程度でしょう。

様々な調理に使われ、「玉子焼き」「目玉焼き」「ゆで卵」「玉子かけご飯」などの卵をメインとしたメニューや「オムライス」「サラダ」「ラーメン」に具材として使われたり、ケーキなど菓子の原料にも利用されている優秀な食材です。

歴史的には、元々は卵が使われていたようですが、後に玉子も併用され始めました。
玉子の由来は、丸い殻(玉)に子供が入っていることから玉子と称されるようになったとのこと。

現在は、孵化(ヒナが生まれる)ものを卵、食用のものを玉子としていますが、使い分けは曖昧。
「玉子焼き」「ゆで卵」といった感じで、殻付きや殻剥きを含めて楕円形のものを卵、溶いて調理したものを玉子としているケースが多く見られます。

たまごの栄養成分

卵100gの栄養成分をまとめました。

卵1個は、Mサイズで50g、Lサイズで60gほどとされています。

たまご1個あたりの栄養

下の栄養成分一覧は、だいたい卵2個分と考えてよいでしょう。

卵1個のカロリーはMサイズでだいたい80~90kcalほどということになります。

卵100gの基礎成分
カロリー
179kcal
たんぱく質
12.6g
脂肪酸
10.21g
コレステロール
470mg
脂質
13.1g
炭水化物
0.3g
アミノ酸
13000mg
ミネラル
ナトリウム
130mg
カリウム
150mg
カルシウム
60mg
マグネシウム
11mg
リン
220mg
3.1mg
亜鉛
1.8g
0.11mg
マンガン
0.03mg
ヨウ素
140㎍
ビタミン
レチノール
350㎍
βカロテン
9㎍
ビタミンD
2.5㎍
ビタミンE
1.3mg
ビタミンK
15㎍
ビタミンB1
0.14mg
ビタミンB2
0.72mg
ナイアシン
0.1mg
ビタミンB6
0.13mg
ビタミンB12
4.7㎍
葉酸
91㎍
パントテン酸
0.98mg
 
参照:文部科学省「食品成分データベース」より

食物繊維は見られないものの、たんぱく質・ビタミン・ミネラルなどバランスよく含まれており栄養価が高いのは卵の特徴と言えます。

コレステロールも多く含まれていますが、卵とコレステロールに関しては別記事もご覧ください。

卵を毎日2~3個食べてもコレステロールは増えない!?
「たまごはコレステロールが増えるから」と、卵料理を控えるというのはよく聞く話。むしろ食べないほうが健康や美容に良いという認識の人も多いのではないでしょうか?ところが、この知識は間違いだという指摘があります。卵を毎日食べたところでコレステロールは増...

たまごが美肌におススメな理由

全体的に栄養価に優れている卵ですが、美容に限定して注目するなら美肌づくりに適した食材と言えます。

卵にはアミノ酸が豊富に含まれています。

アミノ酸はタンパク質の素になる物質で美容だけでなく健康にも重要な存在です。
様々な種類が存在していますが、人間が体内で作り出せない9種類を必須アミノ酸と呼んでいます。

必須アミノ酸
  • トリプトファン
  • リシン
  • メチオニン
  • フェニルアラニン
  • トレオニン
  • バリン
  • ロイシン
  • イソロイシン
  • ヒスチジン

ぷるぷるとしたハリのある肌を作るためには必須と言えるコラーゲン。

肌細胞とコラーゲンの関係

美容の話題では出現率の高いキーワードだと思いますが、コラーゲンはタンパク質の一種。
つまりコラーゲンを作るためにはアミノ酸は必須と言えます。

また、必須アミノ酸のひとつ「メチオニン」には活性酸素を除去する働きがあります。
同様に卵に含まれるビタミンAやビタミンB6、ビタミンEにも活性酸素の発生を抑制、もしくは除去する働きがあるので卵は高い抗酸化作用を持っていることになります。

活性酸素は加齢やストレス、生活環境など様々な要因で発生し、細胞を酸化させます。
酸化した細胞は働きが鈍くなり、肌はハリやつやを失いターンオーバーも乱れるなどマイナスなことが多発します。

活性酸素と抗酸化作用のイメージ

抗酸化作用とは、こういった活性酸素を除去することで若々しさを保つための働きを指しています。
アンチエイジング、と言い換えた方がイメージしやすいかもしれません。

たまごを使った民間療法の美肌づくり

科学的な根拠がないことも多いものの、昔から伝わる方法が民間療法です。

たまごを使った美肌づくりにも民間療法のような方法が存在しています。
効果の保証はしませんが、その中でもメジャーな方法をご紹介します。

ただし卵アレルギーの人は実践を控えてください。

卵黄パック

卵黄パック

卵黄(卵の黄身)を使った肌パック法。

卵黄にはレシチンと呼ばれる脂質やビタミンEが含まれています。

レシチンは保湿を目的としたスキンケア製品にも利用されている成分です。
脂溶性ビタミンであるビタミンEは、抗酸化作用がありカラダの脂質が酸化から守る働きがあるのです。

卵黄パックのやり方
  • 卵黄1個分+小麦粉大さじ2+水大さじ1で垂れ落ちない硬さに練る
  • 目と口を除いて顔全体にパック
  • 10分ほどで水かぬるま湯で落とす

卵白洗顔

卵白洗顔

卵白(卵の白身)を使った洗顔方法。

卵白には塩化リゾチームと呼ばれる酵素が含まれています。
皮脂を落とし殺菌効果もあることから吹き出物を始めとする肌荒れに有効とされています。

洗顔パウダーの成分として塩化リゾチームが用いられるケースもあるようです。

卵白洗顔のやり方
  • 卵白1個分を顔に塗る
  • 手のひらで円を描きながらマッサージするように洗う
  • 水やぬるま湯で洗い落とす

薄皮シート

ヒアルロン酸など美容成分が豊富な卵の薄皮

薄皮とは、卵の内側の殻に張り付いている薄い皮のことを指しています。

卵の薄皮にはヒアルロン酸・シスチン・Ⅲ型コラーゲンなどの美容成分が豊富に含まれているのです。

ヒアルロン酸はムコ多糖の一種で、細胞間に多く含まれる物質。
肌の水分を保持し乾燥から守ってくれるので、肌のうるおいを保つために必要です。

シスチンはアミノ酸のひとつ。
抗酸化作用や紫外線から肌を守るバリア作用、チロシナーゼを抑制しメラニン生成を抑えるといった美肌・美白に働きかけるとされています。

真皮の乳頭層に含まれるのがⅢ型コラーゲン。
柔軟性のあるコラーゲンで肌の柔らかさを与える要因となります。

卵白洗顔のやり方
  • 殻から薄皮を剥がす
  • シワに張り付ける
  • 乾いてきたら水かぬるま湯で洗い落とす

卵の殻を使ったお風呂

風呂

卵の殻に含まれる成分を入浴剤としてうまく使う方法があります。

やり方は簡単。

殻を細かく砕いて、隙間の小さい布で包んで湯船に入れてほぐすだけです。

手間もそれほど掛からないので、柚子などを使った「〇〇風呂」と同じような感覚で試してみてはどうでしょうか?

美容の記事を目的別に探す

スキンケア

スキンケアとは? 肌のゴールデンタイム 肌トラブルの原因と対策 乾燥肌 シミ 年齢別トラブル 紫外線と近赤外線 地域による違い
フェイスケア クレンジングとは? おすすめクレンジング剤 オイル バーム ローション ミルク ジェル クリーム 洗顔&マッサージ 正しい洗顔方法 水洗顔 牛乳洗顔 はちみつ洗顔 フェイスケアの順番と方法 フェイスケアのクリーム&ジェル 化粧水 美容液 乳液 クリーム オールインワン ニキビ対策 黒ずみ対策 美肌菌の育て方 顔マッサージの方法 ツボ押し オイルプリング
デコルテケア デコルテとは? 美デコルテの作り方 デコルテケアのクリーム&ジェル
エイジングケア アンチエイジング方法 エイジングサイン アンチエイジングの食べ物
日焼け対策 おススメ日焼け止め SPFとPAの違い
美肌に良いフード&ドリンク

シェイプアップ

スリーサイズ黄金比の計算方法
バストアップ ストレッチ エクササイズ マッサージ サプリメント バストアップ補正下着&グッズ
ウエストダウン ストレッチ エクササイズ マッサージ
ヒップアップ エクササイズ マッサージ
二の腕 エクササイズ
美脚 エクササイズ マッサージ ストレッチ 美脚タイツ・ストッキング サプリメント

ダイエット

食べ物でダイエット 食べ方でダイエット 低糖質 カロリー制限 グルテンフリー 年末&正月太り解消 ダイエットにおススメの食べ物 ダイエット中でも食べられるスイーツ ダイエット向けサプリメント
運動でダイエット 代謝アップ 脂肪を減らすマッサージ 耳つぼダイエット 「関元」を押す
ダイエットの知識 ケトン体 GI値 食べ物を角砂糖に換算すると? 体重・BMI 美容体重の計算機 芸能人のBMI

その他

デトックスとは? 便秘解消におススメの食材 むくみ解消におススメの食材 スーパーフード スムージー 貧血予防におススメの食べ物