ダイエット

タンパク質3倍で低脂肪!濃厚食感の「ギリシャヨーグルト」

濃厚ヨーグルト

ダイエット中だけどスイーツが食べたい!

無理なダイエットはココロとカラダに大きな負担となります。

そんなときにスイーツ代わりにおススメなのが、ギリシャヨーグルトです。

ヨーグルトよりもタンパク質が豊富、味はヨーグルトよりもクリームに違い。

近年、新たなヘルシーフードとして注目を集めています。


スポンサーリンク

ギリシャヨーグルトとは?

ギリシャヨーグルトを釣ったデザート

文字通り、ギリシャ発祥のヨーグルト。

通常のヨーグルトとの違いは、製造過程にあります。

ギリシャヨーグルトは水切りと呼ばれる工程が入り、余分な水分を除去します。

これにより、独特な濃厚さとクリームのような食感、そしてヨーグルトの2~3倍のタンパク質を実現しています。

ヨーグルトとの成分比較

グラフ

ヨーグルトとギリシャヨーグルトの違いを改めて数字で確認してみましょう。

成分(100g) ギリシャ ノーマル
エネルギー 100kcal 62kcal
たんぱく質 9.9g 3.4g
脂質 4.8g 3.0g
炭水化物 4.2g 5.3g
ナトリウム 33mg 51mg
カルシウム 100mg 109mg

ギリシャヨーグルトは、高タンパクではあるものの、一般的なプレーンヨーグルトと比較するとカロリーも高めです。

プレーンヨーグルトの代用品としてギリシャヨーグルトを使用するのはダイエットの観点からはおススメが出来ないと言えます。

では、いったいギリシャヨーグルトの何が優れていて、どうして注目を浴びるようになったのでしょう?

ギリシャヨーグルトは、その製造工程からクリームのような濃厚食感を実現しています。

クリーム系の食品はご想像の通り、高カロリー・高脂肪。
食感が似ているのでクリームの代用品としてギリシャヨーグルトに置き換えた方がヘルシーになります。

これがギリシャヨーグルトが注目される理由です。

例えば、クリームチーズと比較してみましょう。

成分(100g) ギリシャ クリーム
エネルギー 100kcal 341kcal
たんぱく質 9.9g 9.2g
脂質 4.8g 32.5g
炭水化物 4.2g 3.1g
ナトリウム 33mg 320mg
カルシウム 100mg 78mg

比較するとハッキリとわかりますがクリームチーズはギリシャヨーグルトの3倍近いカロリーと8倍近い脂質を含んでいます。

サワークリームや生クリームも同様です。
カロリーと脂質は、サワークリームが378kcal・40.0g、生クリームが441kcal・47.0gとなっています。

クリームというジャンルで考えれば、ギリシャヨーグルトは高タンパク低脂肪で太りにくいヘルシーな食品と言えます。

ギリシャヨーグルトの作り方

レシピ

ギリシャヨーグルト、実は自宅でも作る事が可能です。

そもそもギリシャヨーグルトは通常のヨーグルト製造工程に水切りが加わったものです。
そのため、市販のヨーグルトから水分を抜いてあげると濃厚なギリシャヨーグルトが完成というわけです。

レシピは次の通り。

  1. ザルやボールにクッキングペーパーを敷く
  2. ペーパーの上にヨーグルトを置く
  3. 水分が飛ぶまで放置しておく(概ね4時間ほど)

水分が抜けたヨーグルトにクリームチーズを混ぜると、よりギリシャヨーグルトの濃厚さが再現できるようですが、カロリーと脂肪分は当然増えてしまうので、お好みでどうぞ。

市販のおススメギリシャヨーグルト

日本では発売されているギリシャヨーグルトの中で、市場で人気の製品はパルテノとイオンのプライベートブランド製品です。

森永 濃密ギリシャヨーグルト パルテノ

イオン ギリシャヨーグルト プレーン 脂質0g

イオンのPB・ギリシャヨーグルト

自宅で作成すると、どうしても衛生管理・安全面で一抹の不安が過ってしまうので、より安全と健康を求めるのであれば発売されている製品を購入してみると良いでしょう。

コメントを残す

*