スキンケア

猛暑到来!紫外線に負けない為のおススメ日焼け止めアイテム

スポンサーリンク
日差しの強い夏・日焼け対策

本格的な夏が到来してくると、どうしても気になるのが日焼けです。
シミやソバカスの原因になるとして日焼けを嫌う女性は非常に多いでしょう。

日焼け対策は万全ですか???

まだ、というアナタは是非この記事で改めて紫外線と日焼け、そして肌トラブルの関係をチェックしましょう。

そして様々な日焼け対策をご紹介していますので、アナタにピッタリの方法を見つけましょう。
塗るタイプ、防ぐタイプ、飲むタイプ、など今や日焼け対策はバリエーションが豊富です。


スポンサーリンク

肌が日焼けする理由

日焼け

日差しを浴びて肌が真っ黒に焼ける理由。
それは太陽光に含まれる紫外線や近赤外線によって肌のメラニン色素が増える為です。

肌の色はメラニンの量で決定しており、肌が黒ければメラニンが多く、逆に白ければメラニンが少ないことになります。

おそらく多くの女性に嫌われているはずのメラニンですが、決して悪者ではありません。

メラニンには、紫外線などから肌細胞を守り皮膚トラブルを防止する働きがあります。
本来は肌を守るためにメラニンが生成されているのです。

ところが、メラニンが増えすぎた場合は話が変わってきます。

メラニンが増えた黒い皮膚は、一定周期で表皮が剥がれ落ちて元の色に戻ります。
しかし日焼けしすぎてメラニンが増えすぎた場合は、メラニンの色素が皮膚に定着(色素沈着)を起こしてしまうのです。

その結果引き起こされるのが、シミやシワなどの肌トラブルです。
日焼けすると肌にシミが出来ると言われているのはこの仕組みのためです。

だからこそ、女性の多くが白い肌を望み、日焼けをしないためにあらゆる対策を行うのです。

紫外線や近赤外線と肌のシミ・シワの関係は別の記事でも取り上げているのでそちらのご覧ください。

肌にシミ・シワを作る原因"紫外線"と"近赤外線"の違い
肌のシミやシワ、黒ずみなどトラブルの原因と言われるのが紫外線です。UVカット、UVケアなど夏が近づくにつれてよく耳にするのは、それだけ紫外線=肌トラブルの元凶という認識が浸透している証拠でしょう。しかし、近年では紫外線意外にも気を配る必要があると判明...

どうする!?日焼け対策

一般的に行われている日焼け対策は、大きく分けると3つほどになるでしょう。

一番良いのは外に出ないことなのでしょう。
しかし夏の間、まったく外に出ないで過ごすことは不可能。

その為に、様々な日焼け対策グッズが発売されているのです。

ちなみに以下、SPFやPAといった単語が登場します。

日焼け止めアイテムのSPFとPA、どんな意味があるの?
太陽の日差しで日焼けの原因となるのは、主に次の3つです。 紫外線A波(UV-A) 紫外線B波(UV-B) 近赤外線日焼けの原因や紫外線、近赤外線の及ぼす肌の影響などについては別の記事にまとめているのでそちらをご覧ください。一応、簡単に説明しておくと紫外線や近赤...

これは紫外線をガードする性能を表す値ですが、詳しくは上の記事で取り上げているのでそちらをご覧ください。

日焼け止めを塗る

日焼け止め

化粧品メーカは春辺りから夏に向け日焼け止め対策の新製品を発売し始めます。

最も日焼け止め対策としてメジャーな方法がジェルやクリームなどを肌に塗る方法でしょう。

近年発売されているクリームには、日焼け止め用のUV効果に加えて美白・アンチエイジングのスキンケア有効成分や汗で崩れない耐水性などが付加されています。
製品によっては、化粧下地やファンデーションなども出来るタイプが存在しておりオールインワンで肌対策が出来てしまいます。

紫外線カット機能を持っているかどうかは、UVやPAなどの表記の有無で判断が可能です。

BBクリームとCCクリームの違い&おススメクリーム6選
オールインワンの多機能クリームとして人気なのがBBクリーム。ひとつで、保湿や化粧下地、ファンデーション、UVカット、美容液などが全て完結するというのがウリとなっています。これは、手間を減らして手早くスキンケアを済ませたいというニーズから生まれておりト...

おススメの日焼け止め対策クリームは上の記事で紹介しているのでぜひご覧ください。

パウダー

クリームタイプとは違いメイクの上から塗り直しが出来るパウダータイプも人気。

特にノンケミカルで肌への負担が少ないパウダーが好まれています。

スプレー

日焼け止めスプレーはメイクの上からでも使えるモノが好まれます。

顔や髪も含めて全身に使える、メイク前でも後でも使えるのでお手軽です。

SPF50+、PA++++なので長時間外出や野外イベントにおススメ!

衣類で日差しをガード

日焼けをしない方法のひとつとして有効なのは、日差しを避けるということです。

ただしどうしても外出する必要は出てくるので、そこで役立つのはUVカット機能を備えた衣類です。

ファッションに合わせやすいものから、シーンに特化したものまで様々なアイテムが登場しています。

ラッシュガード

主に水着と合わせて着用するパーカー。

長時間、日差しを浴びることが前提になっているので紫外線カット性能はUPF50+で国内最高レベルが多く見られます。
※UPFはクリームなどのSPFと同じ意味を持つ

ブランドによって様々な性能やデザインが発売されていますが、基本的にはシンプルで紫外線からしっかりガードしてくれるものが人気です。

サマーニットパーカー

ラッシュガードと用途は一緒。
ただし、サマーニットは私服に用いるのは主な目的です。

高いUVカット性能とひんやりとした着心地、吸水速乾を持っています。

フード付きでシーンに合わせて首や顔周辺も日差しからガードしてくれる優秀なパーカーです。

UVハット

紫外線カット機能を持った帽子。
日差しを避けるために、つばの部分が広く作られているのが特徴です。

UPF50+と国内最高レベルの紫外線カット性能。
手洗いも可能で、折りたたんで持ち運べる優れもの。

シンプルデザインで様々なシーンで使えます。

アームガード / レギンスガード

主にスポーツを行う際に腕や脚を日焼けから守るアイテム。

プロスポーツ選手も着用するケースが多く、日焼け防止はもちろん、ひんやりとした着心地でコンディションを整える役割も果たしています。

UPF50+で体感温度は着用の有無で-3℃も変わってくる高機能ガード。

様々なスポーツシーンで利用できます。

フェイスカバー

紫外線から目元や鼻、口や頬周辺、顎を守ってくれるフェイスカバーマスク。

ショッピングなどで利用するのは無理ですが、登山やウォーキング、自転車、さらにはガーデニングなどの作業をする際にとても役立つアイテムです。

紫外線カット機能はもとより、息苦しくない、着け心地のよい設計がなされています。
メガネを着用している人にも曇りにくい作りなのでおススメです。

UVネックカバー

意外と対策を忘れがちな首やデコルテ。

うっかりしているとすぐに日焼けしてしまいます。

UVカット率95%以上、首元やうなじ、デコルテまでしっかりとカバー。
それでいて、キシリトールを使ったひんやりとした着心地。

価格もお手頃なのでデコルテの日焼けや、それに伴うシミや吹き出物など肌トラブル対策に最適です。

日傘

最も有名な日差し除け対策で使われるのが日傘です。

日傘とは日差しから肌を守るための専用傘でしたが、現在は多くが日傘と雨傘の兼用設計になっています。

熱と日差しを遮るので、高いUVカット率だけでなく、ひんやりとした使い心地。
さらに折り畳み可能なので持ち運びも便利。

日傘も日々進化しています。

カラダの内側から防ぐ

飲む日焼け止め対策として近年注目を集めているのがサプリメント。

これは、紫外線から肌を守るというより、日焼けしてしまった肌を元に戻すためのサポートをするアイテムと考えた方が良いでしょう。

飲む日焼け止め系のサプリメントは、シダ植物から抽出したエキスを中心にビタミンなど肌の修復に有効とされる成分で構成されています。

今回はUV対策サプリの中でも人気の2アイテムをご紹介します。

ボタニカルホワイト

「ボタニカルホワイト」を例に成分などからその機能を見てみます。



「しまった!朝より黒くなってる!」
うっかり後悔、二度としたくない人へ【ボタニカルホワイト】

主要な配合成分は次のモノです。

シダ植物エキス
シダ植物は大まかに言えば種が無く胞子で増える種類で、例を挙げると「コケ」や「ワラビ」「ゼンマイ」などがそれに該当します。
ヨーロッパや中央アメリカでは25年以上前からアトピー性皮膚炎のケアに用いられてきました。

飲んでから2週間ほどで皮膚の炎症を鎮めると言われており、日本でも飲む日焼け対策サプリでは主流の成分と言えます。

レッドオレンジコンプレックス
レッドオレンジはイタリア・シチリア原産のオレンジ。
昼夜の気温差でアントシアニンを始めとするスキンケアに有効な成分が豊富に含まれています。

レッドオレンジコンプレックスは、レッドオレンジから抽出した成分です。

リコピン
カテロイドのひとつで、トマトに含まれていることで知られる成分。
高い抗酸化作用を持っており、そのチカラはビタミンEの100倍以上とも言われています。
ルテイン
緑黄色野菜に多く含まれるカテロイド。
マリーゴールドやほうれん草に多く含まられています。

抗酸化作用が高く、紫外線から肌を守ったり炎症を抑えるといった働きがあります。

ビタミンC
美容のビタミンと呼ばれる成分でコラーゲンの産生や皮膚の健康維持に有効に働きます。

また、抗酸化作用も高く紫外線などで出来た活性酸素からカラダを守る重要な成分です。

ビタミンB2
糖質や脂質の代謝を補助するビタミン。

皮膚や粘膜の健康を維持することからビタミンC同様、美容のためのビタミンとして有名です。

ビタミンD
魚介類、卵、きのこ類に含まれるビタミン。
カルシウムやリンの吸収を促進させるだけでなく、細胞の分裂や結合に関わっていることから皮膚のターンオーバーを正常に保つために重要視されています。

ちなみに日光に適度に当たるとビタミンが生成されると言われているのはビタミンD(ビタミンD3)を指します。
皮膚に紫外線(UV-B)が当たると体内でビタミンD3が生成されるので、本来は適度な日焼けは必要とされているのです。

以上のような成分が日焼け対策サプリメントとしての根拠に挙げられています。

実際にシダ植物は肌トラブル対策として非常に多くの製品で取り入れられています。

購入者の感想にも「日焼けしなくなった」という意見が見られることから、過信は禁物ですがカラダを内側から変えていくという意味で有用かもしれません。

ヘリオケア

 

日焼け対策サプリでは最も有名かもしれません。

テレビでも何度か取り上げられており、有名芸能人やモデルが愛用しているとして話題になりました。

ヘリオケアにもシダ植物由来の成分が配合されています。
また、ビタミンB3やビタミンCも有効成分として含まれています。

基本的な構成である「シダ+ビタミン」は共通していますが、いくつか特徴的な成分も見られます。
L-シスチンと天然物質であるエラグ酸です。

L-シスチン
アミノ酸(タンパク質)のひとつ。
メラニンによって真皮に沈着した色素、つまりシミを消すために有効と言われています。

また、皮膚のターンオーバーを促進するので健康的な肌を維持するためにも重要な働きをします。

アジアや日本人向けに配合された成分と言われていますが、その根拠は説明されていないため、どのように特化しているのかが不明です。

唯一可能性があるとすれば、日本人はアセトアルデヒドという毒素を分解するチカラが弱いと言われており、L-シスチン(正確にはL-シスチンを構成するL-システイン)にはアセトアルデヒドを抑制する働きがあることから日本人向けと銘打っているのかもしれません。
日本人向けに意図は不明でも、L-シスチンの肌への有効性は広く知られていることなのでその点は意味のある成分配合と言えるでしょう。

エラグ酸
ザクロやイチゴ、ラズベリーなどに含まれるポリフェノール。
抗酸化作用が高く美肌やアンチエイジングに有効とされています。

ザクロが美の果実として知られるのはこの成分によるところが大きいでしょう。

コメントを残す

*