スキンケア

猛暑に紫外線対策は必須!おすすめ日焼け止め

日差しの強い夏・日焼け対策

本格的な夏が到来してくると、どうしても気になるのが日焼けです。
シミやソバカスの原因になるとして日焼けを嫌う女性は非常に多いでしょう。

日焼け対策は万全ですか???

まだ、というアナタは是非この記事で改めて紫外線と日焼け、そして肌トラブルの関係をチェックしましょう。

そして様々な日焼け対策をご紹介していますので、アナタにピッタリの方法を見つけましょう。
塗るタイプ、防ぐタイプ、飲むタイプ、など今や日焼け対策はバリエーションが豊富です。

肌が日焼けする理由

メラニンが肌を守る

日焼け

日差しを浴びて肌が真っ黒に焼ける理由。

それは太陽光に含まれる紫外線や近赤外線によって肌のメラニン色素が増える為です。

肌の色はメラニンの量で決定しており、肌が黒ければメラニンが多く、逆に白ければメラニンが少ないことになります。

おそらく多くの女性に嫌われているはずのメラニンですが、決して悪者ではありません。

メラニンには、紫外線などから肌細胞を守り皮膚トラブルを防止する働きがあります。
本来は肌を守るためにメラニンが生成されているのです。

過剰なメラニンが肌の大敵に

紫外線と日焼けのメカニズム

ところが、メラニンが増えすぎた場合は話が変わってきます。

メラニンが増えた黒い皮膚は、一定周期で表皮が剥がれ落ちて元の色に戻ります。

しかし日焼けしすぎてメラニンが増えすぎた場合は、メラニンの色素が皮膚に定着(色素沈着)を起こしてしまうのです。

その結果引き起こされるのがシミやシワなどの肌トラブルです。
日焼けすると肌にシミが出来ると言われているのはこの仕組みのためです。

だからこそ、女性の多くが白い肌を望み、日焼けをしないためにあらゆる対策を行うのです。

ところで紫外線&近赤外線って何?

紫外線や近赤外線と肌のシミ・シワの関係は別の記事でも取り上げています。
是非、そちらもご覧ください。

どうする!?日焼け対策

一般的に行われている日焼け対策は、大きく分けると3つほどになるでしょう。

  • 日焼け止めを塗る
  • 日差しガードを装着
  • サプリメントを使う

一番良いのは外に出ないことなのでしょう。
しかし夏の間、まったく外に出ないで過ごすことは不可能。

その為に、様々な日焼け対策グッズが発売されているのです。

SPF&PA

ちなみに以下、SPFやPAといった単語が登場します。

これは紫外線をガードする性能を表す値ですが、詳しくはSPFやPAの説明記事で取り上げているのでそちらをご覧ください。

【対策1】日焼け止めを塗る

日焼け止め

化粧品メーカは春辺りから夏に向け日焼け止め対策の新製品を発売し始めます。

最も日焼け止め対策としてメジャーな方法がジェルやクリームなどを肌に塗る方法でしょう。
近頃はパウダーやスプレーなど様々なタイプが発売されています。

おすすめ日焼け止め

【定番タイプ】クリーム

クリームタイプは日焼け止めの中でもオーソドックスなアイテム。

近年発売されているクリームには、日焼け止め用のUV効果に加えて美白・アンチエイジングのスキンケア有効成分や汗で崩れない耐水性などが付加されています。
製品によっては、化粧下地やファンデーションなども出来るタイプが存在しておりオールインワンで肌対策が出来てしまいます。

紫外線カット機能を持っているかどうかは、UVやPAなどの表記の有無で判断が可能です。

おススメの日焼け止め対策クリームは上の記事で紹介しているのでぜひご覧ください。

【使い勝手抜群】ローションタイプ

クリームに次いで使われる液体タイプの日焼け止め。
肌に優しい乳液タイプが多く見られます。

UVカット効果はもちろん、美容成分も高い比率で配合、ウォータープルーフ機能や紫外線UV-A&UV-Bという2種にしっかり対応。
肌の様々な状況に対応できるオールラウンダーな液体タイプの日焼け止めが人気です。

レステモ「UVミルク」

価格
2580円(税込)
容量
50g
日焼けガード性能
SPF50+
PA++++
特徴
美容液成分67.5%配合 / UV-A&UV-Bから肌をガード / ノンケミカル処方 / 水・汗でも崩れにくい
※2018年5月1日確認時点

トゥヴェール「マイルドUVミルク」

価格
2756円(税込)
容量
50ml
日焼けガード性能
SPF30
PA++
特徴
ノンケミカル処方 / UV-A&UV-Bから肌をガード / 肌に優しい作り / 長時間の日焼けガードには不向き
※2018年5月1日確認時点

【肌に優しい】ジェルタイプ

肌に優しい作りの多いジェルタイプ。

ウォータープルーフで水分に強く、ノンケミカルタイプなら子供の紫外線対策にもおススメ。

ヴィーナスピュアビーンズ「ピュアクリスティUVジェル ~SPF50 PA+++~」

価格
1944円(税込)
容量
50ml
日焼けガード性能
SPF50+
PA+++
特徴
EGF(ノーベル賞受賞成分)など美肌成分豊富 / ケミカルフリー / UV-A&UV-Bから肌をガード / 水や汗に落ちにくい
※2018年5月1日確認時点

資生堂「サンメディックUV 薬用サンプロテクトEX a」

価格
1944円(税込)
容量
50ml
日焼けガード性能
SPF50+
PA++++
特徴
水や汗に強いウオータープルーフ / 無添加処方 / 美白成分「トラネキサム酸」配合 / うるおい保湿成分配合
※2018年5月1日確認時点

【メイク上OK】パウダータイプ

クリームタイプとは違いメイクの上から塗り直しが出来るパウダータイプも人気。
特にノンケミカルで肌への負担が少ないパウダーが好まれています。

売れ筋は、トゥヴェール「ミネラルサンスクリーン」、次いでエトヴォス「ミネラルUVパウダー」

日焼け止めをパウダーに限定するなら、トゥヴェールとエトヴォスの2択といっても良いでしょう。

トゥヴェール「ミネラルサンスクリーン」

価格
2個 3600円(税込)
容量
4g
日焼けガード性能
SPF50
PA++++
特徴
ミネラル・美容成分配合 / ノンケミカル処方 / UV-A&UV-Bから肌をガード
※2018年5月1日確認時点

エトヴォス「ミネラルUVパウダー」

価格
3024円(税込)
容量
5g
日焼けガード性能
SPF50
PA++++
特徴
ミネラル・美容成分配合 / UV-A&UV-Bから肌をガード / インナードライ肌も保湿
※2018年5月1日確認時点

【携帯性ならダントツ】スプレータイプ

日焼け止めスプレーは吹きかけるだけの手早さがウリなので、メイクの上からでも使えるモノが好まれます。

顔や髪も含めて全身に使える、メイク前でも後でも使えるお手軽タイプの日焼け止め。

長時間外出や野外イベントにおススメ!

ナプラ「フレグランス UVスプレー」

価格
1027円(税込)
容量
80g
日焼けガード性能
SPF50+
PA++++
特徴
6種類のオーガニック保湿成分配合 / マグノリア・ミュゲ・ジャスミンの香りと無香料タイプ
※2018年5月1日確認時点

石澤研究所「紫外線予報 メイクを守るUVスプレー」

価格
1620円(税込)
容量
60g
日焼けガード性能
SPF50+
PA++++
特徴
ノンケミカル処方 / UV-A&UV-Bから肌をガード / メイクの上から崩れを守る
※2018年5月1日確認時点

【対策2】カラダの内側から防ぐ日焼け止めサプリメント

日焼け止めサプリメント

飲む日焼け止め対策として近年注目を集めているのがサプリメント。

これは、紫外線から肌を守るというより、日焼けしてしまった肌を元に戻すためのサポートをするアイテムと考えた方が良いでしょう。

飲む日焼け止め系のサプリメントは、シダ植物から抽出したエキスを中心にビタミンなど肌の修復に有効とされる成分で構成されています。

おすすめ日焼け止めサプリメント

日焼け対策用のおすすめサプリメントは別の記事で取り上げているのでそちらをご覧ください。

【対策3】衣類で日差しをガード

日焼けをしない方法のひとつとして有効なのは、日差しを避けるということです。

ただしどうしても外出する必要は出てくるので、そこで役立つのはUVカット機能を備えた衣類やグッズ。
ファッションに合わせやすいものから、シーンに特化したものまで様々なアイテムが登場しています。

おすすめ日差しガードグッズ

日焼け対策グッズとしておススメの日差し除けアイテムは別記事で取り上げているのでそちらをチェックしましょう。

おすすめ日差し除けアイテム

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で【公式】ビューティーライブラリ~美容の図書館~をフォローしよう!