ニュース

アサヒのサプリ「ディアナチュラ」に新製品3種、妊婦にもおススメ

ニュース

2017年2月3日、アサヒグループ食品株式会社がサプリメントブランド「ディアナチュラ」の新ラインナップを発表しました。

CMでもお馴染みの人気サプリですが、実は「ディアナチュラ」は3つの製品シリーズが存在しています。

ひとつは「ディアナチュラ」でサプリメントを良く使用する人に向けで、目的や生活に合わせてサプリを選択することが可能です。

もうひとつは「ディアナチュラゴールド」。
「ディアナチュラ」よりさらに具体的な用途で選べる機能性表示食品です。

最後が「ディアナチュラスタイル」。
サプリメントに興味があるという人に向けてあトライアルの位置づけの製品です。

今回プレスリリースにて発表されたのは「ディアナチュラスタイル」シリーズのラインナップ3種。

  • ナットウキナーゼ×α‐リノレン酸・EPA・DHA20日
  • 葉酸×鉄・カルシウム20日
  • 肝臓エキス×オルニチン・アミノ酸20日

今回は各サプリメント製品に含まれている成分がどのような働きをするものなのか、プレスリリースの情報と合わせてチェックしていきます。


スポンサーリンク

ナットウキナーゼ×α‐リノレン酸・EPA・DHA20日

ナットウキナーゼとオメガ脂肪酸を配合した製品。

1日1粒を摂取の目安とし20日分が内包されています。
価格は980円(税抜)で1日に換算すると約53円。

主成分は次に示す通りですが、主に血管の健康や血流への作用が中心となっています。

  • ナットウキナーゼ:2000FU
  • α‐リノレン酸:42mg
  • EPA:45mg
  • DHA:22mg
  • 玉ねぎエキス:10mg
  • ビタミンE:6.3mg

※すべて1粒辺りの含有量

ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼは、文字通り納豆のネバネバ部分に含まれる成分です。
同製品ではナットウキナーゼを1粒に2000FU配合しています。

※FUはフィブリン分解ユニットの略でナットウキナーゼの活性単位を示す(フィブリン=血栓)

タンパク質を分解する酵素で、血管を塞ぐ血栓を溶かす働きがあることがわかっています。

また血圧を下げたり血液の凝固を防ぎ、血流を改善するなど様々な面で血管をサポートしています。

オメガ脂肪酸

オメガ脂肪酸(オメガ3系脂肪酸)は、α-リノレン酸・EPA・DHAといった脂肪酸の総称です。

α-リノレン酸は植物油、DHAやEPAは魚に含まれており、健康を維持するために重要な栄養素で必須脂肪酸とされています。

血小板の凝集の抑制や血管に作用し血行を促進するなど血流に作用するほか、コレステロールを下げたり皮膚のアンチエイジングにも作用すると言われます。

玉ねぎエキス

玉ねぎには血液をサラサラにする効果がある、という話を耳にしたことがある人は多いはずです。

玉ねぎの含まれるケルセチンという成分が血管の内膜の状態を改善することで動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中といったリスクを下げているという研究結果が示されています。

ビタミンE

体内の脂質が酸化を防ぐ抗酸化作用を持つビタミン。

血液中のLDL(悪玉)コレステロールによる動脈硬化の予防が期待されています。

葉酸×鉄・カルシウム20日

葉酸と鉄分、カルシウムを配合した製品。

1日2粒を摂取の目安とし20日分が内包されています。
価格は450円(税抜)で1日に換算すると約25円。

今回の新製品3種の中では最もお手頃なサプリメントと言えます。

妊娠中や出産後の授乳中に必要とされる栄養素が中心となっており、妊婦さんや子育てママさんをターゲットにしています。

  • 葉酸:480μg
  • 鉄:15mg
  • カルシウム:90mg
  • ビタミンC:100mg
  • ビタミンB1:1.2mg
  • ビタミンB6:1.8mg
  • ビタミンB12:2.4μg

※すべて1粒辺りの含有量

葉酸

葉酸はビタミンの一種で名前の由来は緑色の葉物野菜に多く含まれることから。

細胞を作る際に核酸を合成するという重要な役割を葉酸は担っており、胎児の発育に関わる成分です。

一般的には不足することはないのですが、妊娠中の女性は必要とする葉酸の量が倍増することから不足がちになると言われています。

鉄分は赤血球のヘモグロビンの成分。
酸素を体内に運ぶ役割を持っている重要な栄養素です。

鉄分が不足すると貧血を起こしやすくなり、体内に十分な酸素が運ばれなくなるため動悸や息切れ、頭痛を起こしやすくなります。

特に女性は鉄分が失われる機会が男性より多いことから不足しがちになると言われています。

カルシウム

骨を構成するカルシウム。

成長に関わる栄養素で妊娠中や授乳期には十分な摂取が必要とされています。

ビタミンC、B1、B6、B12

ビタミンは肌に関する栄養のイメージが強いですが、血液にも作用しています。

ビタミンB1、B6、B12は、血液を生成する働きをサポート。
ビタミンCは抗ストレスや鉄の吸収効率を高める働きがあり、不足すると壊血病や骨の発育に影響が出ると言われています。

肝臓エキス×オルニチン・アミノ酸20日

肝臓エキスとオルニチン、アミノ酸を配合したサプリメント。

これらはお酒を飲む場合のサポートとして知れ渡っている栄養素です。

1日3粒を摂取の目安とし20日分が内包されています。
価格は930円(税抜)で1日に換算すると約51円。

お酒以外にも朝の目覚めをスッキリさせる効果があると言われているので寝起きが悪い人にもおススメです。

  • 肝臓エキス:600mg
  • オルニチン:120mg
  • アルギニン:10mg
  • シトルリン:10mg
  • 亜鉛:8.8mg
  • ビタミンB2:1.4mg
  • セレン:28μg

※すべて1粒辺りの含有量

肝臓エキス

牛や豚などの動物の肝臓に消化酵素を加えて抽出したエキス。
肝臓加水分解物などとも呼ばれているようです。

一般的に二日酔いの原因とされるアセトアルデヒドの代謝を促進するとされているためにお酒のお供系サプリメントに利用されています。

オルニチン

シジミに多く含まれているアミノ酸の一種。

アルコールの摂取などによる有害なアンモニアを尿素に変えるなど、体内の有害物質を分解・解毒する肝臓の働きをサポート。
肝臓の機能を正常に保つとされています。

また、疲労を改善するとも言われており、就寝前にオルニチンを摂取すると翌朝の目覚めが快適に迎えられる検証結果も確認されています。

アルギニン

アミノ酸の一種でアンモニアの解毒をサポート。

その他、成長ホルモンの分泌やターンオーバーを促進するなど美容効果も期待されています。

シトルリン

スイカなどのウリ科に含まれるアミノ酸。

アンモニアを尿素へ分解する作用がある他、血行促進による冷え性やむくみの改善、肌の保湿にも効果的と言われています。

亜鉛

亜鉛不足だと味覚がおかしくなる、ということで知られている亜鉛。

他にも抜け毛防止やホルモンの分泌を助ける働き、そしてアルコール分解に作用することから二日酔い防止などに有効とされています。

ビタミンB2

糖や脂質のエネルギー変換をサポート。

セレン

ミネラルの一種で抗酸化作用に関連しています。

コメントを残す

*