美容の図書館員
ニュース

洗い流し不要のオールインワン・クレンジング、クラシエが発売

スポンサーリンク
ニュース

トイレタリー・コスメティックス事業のクラシエホームプロダクツ株式会社が2017年1月27日にクレンジング製品のリリースを発表しました。

クラシエホームプロダクツは、クレンジングの新ブランド「クリー」(330mL・2種・オープン価格)を3月10日に発売します。1本で「メイク落とし、洗顔、角質ケア、化粧水」の4つの機能を持つ、洗い流し不要の“水クレンジング”です。コットンに含ませてふき取るだけで、簡単にメイクも古い角質もするんと落としながら、肌のうるおいも守るウォータータイプのクレンジング料です。

プレスリリースによると、同社はクレンジングの新製品「クリー」を2017年3月10日発売予定。

メイク落としからスキンケアまでオールインワンで行え、洗い流し不要な水タイプのクレンジングです。


スポンサーリンク

多くの女性はクレンジングが面倒?

女性の社会進出が叫ばれる中、化粧品メーカーやインターネット調査会社のアンケートを見ると、クレンジングに関して次のような傾向が伺えます。

  • メイクをする・・・74%
  • クレンジングをする・・・75%

多くの女性がメイクをしたらクレンジングして洗い流すということです。

一方でこんなデータも確認できました。

  • クレンジング前に手を洗わない・・・48.5%
  • 鏡を見ないでクレンジングする・・・52.8%
  • クレンジング忘れても翌朝対応しない・・・79.3%

このデータからは、クレンジングに関してあまり時間を掛けたくない、そこまで質を求めていないという意識が見て取れます。

つまり、多くの女性はこのように思っているのです。

クレンジングは面倒くさい

アンケートデータは2008年と少々古いですが、傾向が大きく変化していることは無いでしょう。

プレスリリースの要点

クラシエホームプロダクツのプレスリリースを要約すると次の通りになります。

  • クリーは1本でメイク落とし・洗顔・角質ケア・化粧水が出来る
  • コットンに含ませてふき取るだけの洗い流し不要
  • クレンジング後の肌の乾燥やメイクの落ち方といった既存製品の不満を解消
  • ノーマルタイプとオイルインタイプの2種を発売

「クリー」の特徴

アンケートからも女性の多くがクレンジングに程度の差はあれど何かしら面倒と感じている傾向が見られます。

クリーは、クレンジングの手間を減らす洗い流し不要のローションタイプ。
このタイプのクレンジングは、時間だけでなく場所も選ばない手軽さがあるので20代~30代といった若い社会人世代の女性に支持されています。

ということを踏まえて、プレスリリースからクリーの特徴をピックアップしてみました。

オールインワン

クリーは1本でメイク落とし・洗顔・角質ケア・化粧水の4つをカバー。

メイクや汚れだけでなく古い角質も落とします。

さらに美肌効果があるとされる島根県出雲の温泉水(温泉から湧き出す天然水)も配合しているそうです。

洗い流し不要

コットンに染み込ませてふき取るだけで洗い流しが不要。

これはクレンジングが面倒と感じている女性には特に支持される点です。

オールインワンでメイク落としから化粧水まで行える特徴と合わせて、かなりの負担を軽減してくれそうです。

既製品より質がアップ

現在販売されている従来製品にあったメイクの落ち方。

これは水分子が洗浄成分の浸透を阻害していたことが原因とのこと。

そこで「クリー」では、マイナスイオン効果で水分子を引き付け洗浄成分「メイクキャッチミセル」という技術を採用。
この成分を浸透させることで汚れや角質をキャッチしてキレイにふき取ることが可能となっています。

状況に応じた2タイプ

今回発売される「クリー」は2種類。

ひとつは、ナチュラルメイク向きのオイルフリータイプ。
もうひとつは、しっかりメイク向きのオイルインタイプ。

メイクの状況に応じて使い分けることが出来ます。

製品情報

クリー 水クレンジング / クリー 水クレンジング<オイルイン>

2017年3月10日発売
内容量:330ml
オープン価格

コメントを残す

*