スキンケア

水洗顔っていったい何?効果とやり方、デメリットを知ろう!

水洗顔とは?やり方・効果まとめ
洗顔は顔の汚れを落として肌をスッキリとさせ、保湿や美容液など美肌づくりへ繋げる大切なフェイスケア法です。

殆どの人が洗顔の時には洗顔フォームや洗顔せっけんなど何かしらの洗顔剤を使っているでしょう。
これは一般的な、ごく普通の洗顔方法です。

世の中には普通の洗顔以外に、様々な洗顔のやり方が存在しています。

そのひとつが水洗顔

テレビや雑誌でも取り上げられ、書籍も出版されている注目の洗顔方法です。

水洗顔はどんな効果があって皆さんが注目しているのでしょう?

水洗顔の効果とは?

透明感のある肌

水洗顔の最大のメリットは皮脂を落とし過ぎないこと。

皮脂は肌トラブルの原因となるので洗顔でキレイに落とす必要があります。
しかし皮脂には肌の水分が蒸発するのを防ぐという役割もあるため、必要以上に皮脂を洗い流しても肌が乾燥した状態となります。

乾燥肌は肌荒れやふきでもの、かゆみ、シミ、シワ、たるみなど様々なトラブルを引き起こしかねません。

このような状態を回避するため、場合によっては洗顔剤を使わずに水洗顔がおススメされる場合があります。

また、肌には美肌菌と呼ばれる肌にプラスとなる菌も存在します。
洗顔剤を使った場合は皮脂と同じように美肌菌も洗い流されてしまう為、水洗顔の方が適している場合もあるようです。

肌の状況には個人差が大きく関わってきます。
みんなが同じような方法を使っても同じ効果が得られるとは限りません。

水洗顔のメリットは必要な皮脂や菌を落とし過ぎない
洗顔剤と水洗顔は状況に合わせて使い分ける

水洗顔の効果を最大限に得るためには肌の状態と相談しながら継続的に行うことが大切です。

なお、美肌菌に関しては、美肌菌」の働きと育て方をご覧ください。

水洗顔のやり方

泡を水、ぬるま湯ですすぎ落す

水洗顔の方法は特別なことはありません。

洗顔フォームや石鹸を使った場合のすすぎ洗いと同様に、ゴシゴシとこすれずに水を掛けて汚れを洗い流すイメージで行いましょう。

水と言っていますがこれは洗顔剤を使わないという意味なので、ぬるま湯で洗顔してもOKです。

なお、洗顔後は必要に応じて美容液・化粧水・乳液などでケアを行いましょう。

水洗顔はいつ行うべき?

水洗顔ですが、いったいいつ行うべきなのでしょう。

洗顔剤を使わずに毎回行うべき?

あくまで独自の見解ですが、毎日毎回行うのは現実的ではないでしょう。

女性であれば毎日メイクを落とす必要がある方が多いと思います。
メイクは油性成分で構成されており、崩れにくいよう肌に付着しています。

メイクを落とすにはクレンジング剤で成分を浮かせて洗い流す必要がありますが、これを水洗顔だけで行うのはとても難しいと考えます。
クレンジングの後には通常の洗顔(W洗顔)を行って汚れをキレイに落とすためです。

そのため、水洗顔を行うのは朝の洗顔がベターでしょう。

水洗顔のデメリット「リバウンド」とは?

肌トラブル

水洗顔を行うとリバウンドという状態に陥ることがあるようです。

ここで言うリバウンドは、ダイエットにおける反動の増量とは異なります。
言葉の定義がハッキリと確認できませんでしたが、様々な情報を総合すると、水洗顔を始めたことによって引き起こされるニキビや赤みなど肌トラブルの状態を指すと考えられます。

なぜそのようなことが起きるか?

おそらく、肌の表面や毛穴にしつこい汚れが溜まっていたのにもかかわらず洗顔剤を使わないで水洗顔のみを実行し続けた結果なのでしょう。

先にも述べたように、水洗顔は必要以上に皮脂や菌を落とし過ぎないことにメリットがあります。
逆に言えば、落とすべき皮脂・汚れ・菌が存在していれば洗顔剤でしっかりと落とす必要があるのです。

ということで、同じことを2度言いますが

水洗顔のメリットは必要な皮脂や菌を落とし過ぎない
洗顔剤と水洗顔は状況に合わせて使い分ける

これを意識しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で【公式】ビューティーライブラリ~美容の図書館~をフォローしよう!