美容の図書館員
スキンケア

人気で売れてるクレンジング剤は?悩み&年齢別おすすめ特集

おすすめクレンジング剤特集

とあるアンケートによると、全体の約70%がシングルタイプのクレンジング剤(W洗顔ではない製品)を使っているという結果が出ています。
W洗顔タイプ(クレンジングと洗顔を一度に行える製品)は約24%。

現状では、メイク落としのみのクレンジング剤を使用する人が大半です。
クレンジング剤を使わずに石けんや洗顔料のみという人も20%ほどいるようですが、多くの人はメイクが落とせるクレンジング剤を使っていることが分かります。

つまり、メイク落としには専用のクレンジング剤を使うという意識がとても高いということです。

メイクは油性の成分で構成されており、しっかりとメイクを落とすためにはクレンジング剤が欠かせません。

では、どのようなクレンジング剤が人気なのか、傾向をチェックしてみましょう。

そこからわかる、おススメのクレンジング剤も特集します。

クレンジング剤の人気の傾向

クレンジング剤には、オイルタイプ、ローションタイプ、バームタイプ、クリームタイプなど様々な種類があります。

それぞれ特徴が異なっており、メイク落としのパワーの強弱や肌への負担の程度などが違っています。

クレンジング剤のタイプと特徴については、クレンジングとは?クレンジング剤の種類&特徴と正しい方法の記事をご覧ください。

クレンジングとは?クレンジング剤の種類&特徴と正しい方法
クレンジング(英語:cleansing)とは、肌のメイクを落としてキレイにするメイク落としのこと。メイク落としの洗顔剤をクレンジング剤、もしくは単にクレンジングと呼びます。化粧品は顔の肌表面に付着させますが、簡単に落ちてしまわないよう油性で作られています。...

よく使われる、人気のあるクレンジング剤のタイプはオイルでアンケート全体の35%ほど。
次いでクリームジェルローションタイプとなっています。

オイルタイプが最も人気が高いのは、メイク落としのパワーが強く、メイクに馴染みやすいのでクレンジングにかかる時間が短くて済むという点が大きいでしょう。
オイルタイプは肌への負担が大きいのですが、天然オイルを使った製品など、肌への負担を軽くする点が考慮されたものも多数発売されており、メリットの方が重要視されていると考えられます。

クリーム・ジェル・ローションは、オイルに比べてメイク落としのパワーは劣っていますが、肌への負担が少ないので敏感肌や肌荒れの人にもおススメされる傾向にあります。

クレンジング剤はオンリーワンを選ぶべき

つまり、クレンジング剤を選ぶ際にはあくまで自分の肌にあったものを選択する必要があるので人気があるからといって、それがアナタに最適なクレンジング剤であるとは限らないのです。

ミルクとシートは人気がない?

あまり人気がないのが、ミルクタイプとシートタイプ。

ミルクタイプもジェルやローションと同様に肌への負担が少ないのですが、オイルやジェル、ローションタイプと比較すると使われていないようです。
シートタイプに関しては、拭くだけでメイクが落とせるという手軽さがウリですが、肌への負担は最も高いと言われており、緊急時や旅行へ持っていくといった用途以外ではおススメされない傾向にあります。

クレンジングに掛ける時間は?

とあるアンケートによると、クレンジングでメイクを落とすのにかける時間は1分未満という回答が約60%となっています。
また、半数以上の人がメイクが落ちる時間を待てない、落ち切る前に洗い流してしまうと答えています。

つい面倒で、ダメだと分かっていても時間短縮を優先してしまうようです。

これは裏を返せば、短時間でしっかりとメイクが落とせるクレンジング剤の需要がとても高いということに繋がります。

実際、洗浄力が強くて比較的短い時間でクレンジングできるオイルタイプや洗浄力をオイル並みにアップさせたローション・ウォーター系のクレンジング剤はインターネットでも人気で口コミ数もクリームやミルクと比べれば多い傾向にあります。

各化粧品メーカーも売り上げを伸ばすために需要が高い製品を開発・販売するので、探せばアナタが望むクレンジング剤は高い確率で見つかるでしょう。

年齢別のクレンジング剤、人気の傾向

肌の状態は年齢によって大きくことなります。

見方を変えると、年齢によって好まれるクレンジング剤にも違いがあるということです。

どの世代にどのようなクレンジング剤が支持されているのか、傾向を見てみましょう。

クレンジングオイル
20代42%
30代38%
40代37%
50代35%
クレンジングローション
20代31%
30代21%
40代16%
50代12%
クレンジングジェル
50代19%
30代18%
40代17%
20代11%
クレンジングクリーム
50代25%
30代22%
40代19%
20代17%
クレンジングミルク
20代10%
30代8%
50代7%
40代6%
クレンジングシート
20代13%
40代10%
30代9%
50代8%

これも、とあるアンケートで示されたデータです。

傾向としては、年齢層が若いとメイク落としのパワーが強いオイルや手早くクレンジングが済ませられるローション、またはシートの需要が高いようです。
反対に年齢層が上がるほど、クリームやジェルといったメイク落としパワーは弱いけど肌への負担が少ないものが好まれます。

働き盛りの世代にとっては、しっかりメイクが落とせて短時間でクレンジングできるという点がポイントになってくるのでしょう。

きっと見つかる!おすすめクレンジング剤

以上、クレンジング剤の人気や年齢層での傾向をご紹介しました。

これを踏まえた上で、当サイトでおすすめのクレンジング剤を各リンク先の記事でまとめています。

製品のピックアップ基準は

  • インターネット通販で売れている
  • 口コミの反響が良い
  • 製品ブランド
  • 企業ブランド
  • 知名度は低いものの機能的に良さそう

といった点を複数満たすものにしています。

市販のものからインターネット通販じゃないと入手が難しいものまでバランスよく取り上げています。

クレンジング剤の種類から選ぶ

年齢別に選ぶ

お悩み別に選ぶ

美容の記事を目的別に探す

スキンケア

スキンケアとは? 肌のゴールデンタイム 肌トラブルの原因と対策 乾燥肌 シミ 年齢別トラブル 紫外線と近赤外線 地域による違い
フェイスケア クレンジングとは? おすすめクレンジング剤 オイル バーム ローション ミルク ジェル クリーム 洗顔&マッサージ 正しい洗顔方法 水洗顔 牛乳洗顔 はちみつ洗顔 フェイスケアの順番と方法 フェイスケアのクリーム&ジェル 化粧水 美容液 乳液 クリーム オールインワン ニキビ対策 黒ずみ対策 美肌菌の育て方 顔マッサージの方法 マッサージクリーム&オイル ツボ押し オイルプリング
デコルテケア デコルテとは? 美デコルテの作り方 デコルテケアのクリーム&ジェル
エイジングケア アンチエイジング方法 エイジングサイン アンチエイジングの食べ物
日焼け対策 おススメ日焼け止め SPFとPAの違い
美肌に良いフード&ドリンク

シェイプアップ

スリーサイズ黄金比の計算方法
バストアップ ストレッチ エクササイズ マッサージ サプリメント バストアップ補正下着&グッズ
ウエストダウン ストレッチ エクササイズ マッサージ
ヒップアップ エクササイズ マッサージ
二の腕 エクササイズ
美脚 エクササイズ マッサージ ストレッチ 美脚タイツ・ストッキング サプリメント

ダイエット

食べ物でダイエット 食べ方でダイエット 低糖質 カロリー制限 グルテンフリー 年末&正月太り解消 ダイエットにおススメの食べ物 ダイエット中でも食べられるスイーツ ダイエット向けサプリメント
運動でダイエット 代謝アップ 脂肪を減らすマッサージ 耳つぼダイエット 「関元」を押す
ダイエットの知識 ケトン体 GI値 食べ物を角砂糖に換算すると? 体重・BMI 美容体重の計算機 芸能人のBMI

その他

デトックスとは? 便秘解消におススメの食材 むくみ解消におススメの食材 スーパーフード スムージー 貧血予防におススメの食べ物