バストアップ

誰でもバストアップ効果!?おっぱい体操のやり方

バストアップ

1日10分、しかも1回でも胸が大きくなる!継続すればだれでも胸を大きく出来る

そんなバストアップの方法がメディアで紹介されると話題になりました。

おっぱい体操というこの方法は誰でも実践することが可能な方法です。

やり方は大きく分けるとふたつ。

おっぱいはずし」と「おっぱいゆらし」です。

胸をほぐして老廃物を流し、揺らすことで胸を活性化し柔らかいバストへと導くというのが大まかな内容になります。

説明するより実際に行ってみた方が早いかもしれません。

まずは自分の現在のバストサイズを測った上で「おっぱい体操」をスタートしましょう!


スポンサーリンク

「おっぱいはずし」で胸をほぐす

少々物騒に聞こえる内容ですが、実際に胸を取り外すわけではありません。

「おっぱいはずし」は、胸の筋肉に強くついてしまっている胸の靱帯を筋肉から可能な範囲で引き離すというものです。

胸のボリュームが小さくなる理由の一つは、胸筋や胸の側面の筋肉と胸の靱帯がくっついてしまい、脂肪が外側に引っ張られることだそうです。

胸が小さい原因のひとつは筋肉と靱帯がくっついて外に流れてしまっているから

このようにカラダの内側へチカラが働き、胸の脂肪は外に流れ、結果としてボリュームが小さくなっていく、というものです。

「おっぱいはずし」で胸の筋肉と靱帯を離し、本来の役割である胸のボリュームへと導きます。

具体的な「おっぱいはずし」の方法は以下。

おっぱい外しのやり方

斜め上にチカラを掛けて胸の脂肪を筋肉から離すようにマッサージを行います。

腕のチカラで上に引っ張り上げるのではなく、指を使って引き上げるようなイメージです。

おっぱいはずし:脇から中央に向けて胸をほぐしていく

これを脇から中央に向けての軌道で胸を寄せるように行うことで、胸がほぐれ老廃物が流れていきます。

力加減は多少の入れる程度にしないとカラダを痛めるので注意しましょう。

「おっぱいゆらし」で胸を柔らかく

「おっぱいはずし」で胸の靱帯を筋肉から離してほぐれたら、今度は揺らして柔らかい胸を作っていきます。

斜めに揺らす

おっぱい体操:下から斜めに揺らす

胸を斜め下から斜め上に持ち上げる感じで揺らすことで、固まった胸の脂肪をほぐし老廃物を流していきます。

1秒間に3回揺らすリズムで10秒間行いましょう。

寄せて上に揺らす

おっぱい体操:中央に寄せて上下に揺らす

胸を中央に寄せて、下から持ち上げるように上下に揺らします。

こちらも1秒間に3回のリズムで10秒行います。

1回の体操で2cmアップも

以上の内容は過去にテレビで放送されていた「おっぱい体操」のやり方です。

この放送で、おっぱい体操を実践されたモデルは10分間のマッサージでバストサイズが2cmアップしていました。

「おっぱい体操」を動画でチェック

「おっぱい体操」を動画でチェックしたい場合は、以下をご覧ください。

「おっぱい体操」をもっと楽に行うアイテム

テレビで数多く紹介された「おっぱい体操」ですが、実際にひとりで行うと次のような悩みが多く聞こえてくるそうです。

  • 爪が邪魔
  • チカラの加減がわからない
  • 背中に手が届かない
  • 疲れる

このような悩みを解消するために「おっぱい体操」をひとりでも楽に実践できるアイテムが開発されています。

「おっぱい体操」を考案した神藤多喜子さんの手を再現した「おっぱい体操ハンド」です。

\もっと楽に「おっぱいはずし」を!/

背中をかくための「孫の手」の「おっぱい体操版」といったところでしょうか。

神藤多喜子さんの施術における手の形を忠実に再現しており、最適な硬さと角度に調整されているアイテムです。
おっぱい体操の「おっぱいはずし」をひとりで行う事を主な目的としています。

先に記載したような「チカラ加減がわからない」「背中に手が届かない」といった悩みはこれで解消されるでしょう。

そしてもうひとつ。

\着けるだけで「おっぱいゆらし」が再現/

こちらは着けるだけで「おっぱいゆらし」が可能なブラです。

通常とは異なり下から支えるような構造になっているので、手で持ち上げられているような感覚に。

歩けば上下に揺れて「おっぱいゆらし」と同等の動きが再現されます。

まずは、自分の手で「おっぱい体操」を実践してみましょう。

もっと楽に体操を行いたい、と思うようになった時にきっとこのふたつのアイテムが気になってくるはずです。

商品の細かい説明に関しては詳細情報のページでチェックしてください。

「おっぱい体操」関連書籍

コメントを残す

*