美容の図書館員
バストアップ

垂れないバスト必須「クーパー靭帯」を維持するには?

クーパー靱帯で垂れないバストを目指そう!

バストが垂れる原因をご存知ですか?

胸にある脂肪が重力に従って下に下がってしまう訳ですが、これにはいくつかの要因が絡み合っています。

中でも大きな理由は、胸の脂肪を支える筋力の低下と乳腺と呼ばれる組織を支えるクーパー靱帯の劣化と言われます。

胸の筋力とは、大胸筋と小胸筋です。
大胸筋はよく聞く単語ですが、小胸筋は初めて聞く人も多いのでは?

そしてクーパー靭帯です。

クーパー靭帯とは一体何なのか?

垂れない美しい丸みを帯びたバストを維持するためには、クーパー靭帯を知ることが必須と言えます。

クーパー靭帯とは

バストの構成図

クーパー靭帯とは、胸にある乳腺と皮膚や筋肉などを繋ぎ、支える役目がある結合組織です。

主にコラーゲンで構成される組織になります。

バストの大きさや形を決定する要素のひとつとして、乳腺が重要になってきます。

乳腺がバストの下に位置するということは、つまり胸が垂れ下がることを意味します。

逆に乳腺の位置が上の方(本来あるべき場所)にあれば、丸みのある形の良いバストを維持できることになります。

クーパー靭帯の乳腺を支えるチカラがバストアップには必要となってくるのです。

クーパー靭帯は衰える

人間のカラダは年齢を重ねるごとに衰えます。

つまり老化です。

加齢による老化はカラダの様々な細胞を劣化させますが、それはクーパー靭帯も同様です。

ホルモンバランスが崩れることで体組織が老化すると、クーパー靭帯が伸びたり切断されることがあります。

そうすると乳腺は支えを失ってしまい、重力に引っ張られて胸の脂肪が垂れ下がってきます。

年を取って胸が垂れ下がる、という現象はこのようにして起こるのです。

ではどうすればよいのか?

先に記載した通り、クーパー靭帯はコラーゲンが主な成分のため、一度伸びたり切断されると元の状態には戻らないと言われています。

クーパー靭帯や周辺の結合組織がエイジングによって伸びてしまうことを食い止める術は今のところありません。

他の多くの専門家・専門医も同様にクーパー靱帯を鍛える、元に戻すのは難しいという意見でした。

鍛えるのが不可能、修復も不可能となれば選択肢はそれほど多くはありません。

それはつまり、少ないながらも選択肢はあるということにもなります。

クーパー靱帯を少しでもケアしていくための方法をご紹介します。

周辺の筋肉をトレーニング

クーパー靭帯を鍛えることが不可能なら、周辺の筋肉を鍛えることでクーパー靱帯の負荷を軽くしてみましょう。

バストアップとクーパー靱帯の関連性から鍛えるべき胸周辺の筋肉は、大胸筋小胸筋です。

大胸筋と小胸筋を鍛える方法については別の記事で取り上げているのでそちらをご覧ください。

たった30秒!美のプロが教える胸を大きくするストレッチの方法とは?
神戸にあるリンパサロン・Dans Tes Bras(ダンテブラ)の院長を務める山岡愛。美ボディを目指す多くの女性を施術してきた彼女が、1回たった30秒で誰でも出来るバストアップのストレッチ方法を公開しています。本当に簡単で年齢を問わず誰にでも可能な方法です。胸が...

状況に合わせてブラを変える

ブラジャーも用途に合わせて変えていくことがクーパー靱帯を守る上で大切だと言われます。

激しい運動を行う際にはスポーツブラを、就寝時はナイトブラを着用、といった感じです。

仮に運動に運動の際に普通のブラを着用していた場合、クーパー靭帯に負荷が掛かって不必要に痛めることにもなり得ます。

就寝中も同様です。

日中と就寝中では態勢が異なります。

横たわっていることを前提としたナイトブラを着用することで、胸の形を維持しクーパー靭帯の負担を軽減することが可能です。

シャンティ フィットネスブラ

楽天 – シャンティ・フィットネスブラ

フィットネスインストラクターと共同開発されたというスポーツブラジャー。

激しい動きや吸汗速乾を考慮しており、スポーツシーンに最適です。

独自のバックデザイン

スポーツの邪魔にならないようにVバックデザインのストラップを採用。

動きやすさを重視しています。

脇高設計で横流れを防止

側面は高めに幅を設定。

激しい動きでもバストが横に流れることなくしっかりとキャッチ、胸への負担を軽くします。

吸水・速乾素材を使用

スポーツによる汗を考慮、吸汗速乾に適した生地を採用。

表面が細かく汗を拡散するので常にサラサラの肌触りを実現。

製品情報

三恵 ナイトブラ

楽天 – 三恵 ナイトブラ TK1076/TK1125/TK1147

就寝中にバストが流れて形が崩れるのを防止するために開発されたナイトブラ。

クロス構造でバストを引き上げ

美バストをキープするためにフロント部分にはクロス構造を採用。
バストを下から上へと引き上げて寝ている間も形を保ちます。

アンダーゴムで垂れを防止

下部に幅の広いゴムを導入、バストが重力で下がってしまう状態を防止し位置をキープ。

脇をサポートして横流れの防止

バストを脇から支えることで横流れを防止。

就寝中に寝返りを打ってもしっかりと形をキープすることで皮膚の伸びを抑えます。

製品情報

ジニエブラ

楽天 – ジニエブラ

通勤・通学、スポーツから妊娠期、就寝時に至るまで様々な生活シーンに対応した汎用性の高いブラジャー。

立体的な構造がバストをキープ

バストが崩れないように特殊な立体編みを採用。

どんな形のバストにもしっかりとフィットします。

幅広バンドが垂れを防止

ノンワイヤーの幅広いバンドが下部に用いられているのでバストが垂れ下がるのを防止します。

背中と脇をしっかりとサポート

背幅を広く設計されており、背中の肉をスッキリとカバー。

側面の縦幅を広く確保しており、横に流れるバストもしっかりとキャッチします。

製品情報

美容の記事を目的別に探す

スキンケア

スキンケアとは? 肌のゴールデンタイム 肌トラブルの原因と対策 乾燥肌 シミ 年齢別トラブル 紫外線と近赤外線 地域による違い
フェイスケア クレンジングとは? おすすめクレンジング剤 オイル バーム ローション ミルク ジェル クリーム 洗顔&マッサージ 正しい洗顔方法 水洗顔 牛乳洗顔 はちみつ洗顔 フェイスケアの順番と方法 フェイスケアのクリーム&ジェル 化粧水 美容液 乳液 クリーム オールインワン ニキビ対策 黒ずみ対策 美肌菌の育て方 顔マッサージの方法 マッサージクリーム&オイル ツボ押し オイルプリング
デコルテケア デコルテとは? 美デコルテの作り方 デコルテケアのクリーム&ジェル
エイジングケア アンチエイジング方法 エイジングサイン アンチエイジングの食べ物
日焼け対策 おススメ日焼け止め SPFとPAの違い
美肌に良いフード&ドリンク

シェイプアップ

スリーサイズ黄金比の計算方法
バストアップ ストレッチ エクササイズ マッサージ サプリメント バストアップ補正下着&グッズ
ウエストダウン ストレッチ エクササイズ マッサージ
ヒップアップ エクササイズ マッサージ
二の腕 エクササイズ
美脚 エクササイズ マッサージ ストレッチ 美脚タイツ・ストッキング サプリメント

ダイエット

食べ物でダイエット 食べ方でダイエット 低糖質 カロリー制限 グルテンフリー 年末&正月太り解消 ダイエットにおススメの食べ物 ダイエット中でも食べられるスイーツ ダイエット向けサプリメント
運動でダイエット 代謝アップ 脂肪を減らすマッサージ 耳つぼダイエット 「関元」を押す
ダイエットの知識 ケトン体 GI値 食べ物を角砂糖に換算すると? 体重・BMI 美容体重の計算機 芸能人のBMI

その他

デトックスとは? 便秘解消におススメの食材 むくみ解消におススメの食材 スーパーフード スムージー 貧血予防におススメの食べ物