ウエストダウン

2週間で-8.6cm!簡単エクササイズで夢のクビレをゲット

驚きの結果をもたらすダイエット方法

ついつい食べ過ぎてお腹が出てきた・・・

ポッコリと膨らんだお腹、クビレなんてもう無いとお嘆きですか?

しかし諦めるのはまだ早いです。

簡単なエクササイズを行うことで、2週間で-8.6cmもウエストを引き締めることも可能です。

しかも食事制限も必要なし

1日の生活にちょっとだけ時間を使うことで、美しいウエストラインが手に入る

後悔するくらいなら、これからご紹介するお腹ポッコリ解消エクササイズを実践してクビレを手に入れましょう。


スポンサーリンク

腰の回転で脇腹を鍛える

今回のエクササイズで鍛えるのは、お腹の脇にある腹斜筋腹横筋です。

腹斜筋と腹横筋を鍛えてクビレを作ろう

脇腹の部分は、普段なかなか鍛えにくいので脂肪が付きやすく、取りにくい部分です。

脇腹に回転運動で刺激を与えることで、クビレとウエストラインをシェイプアップしていきます。

エクササイズの方法

ではエクササイズの方法をご紹介します。

事前準備として、タオルと床に敷くマットなどを用意します。

タオルは今回のエクササイズで重要な役割を果たすので必ず用意しましょう。

事前準備

  • タオル
  • ヨガマットや座布団など床に敷くもの

【1】片膝立ちでタオルを握る

2週間で-8.6cm、ウエストラクラクシェイプアップ①片膝立ちで腕を前に伸ばす

床に片膝を付けて、片膝立ちになります。

腕を前に伸ばし、両手でタオルを握ってください。

腕の高さはみぞおちあたりに。

【2】腰を回転させる

2週間で-8.6cm、ウエストラクラクシェイプアップ①

【1】の状態から、ヒザを立てている方に腰を回転させます。

顔は正面を向いたままで、腕は水平を保つようにしてください。

お腹をねじるようなイメージで、脇腹(腹斜筋、腹横筋)を意識しましょう。

【3】元に戻す

出来るところまで腰を捻ったら、【1】の状態に戻します。

ふたたび、ヒザを立てた方向へ回転させてください。

これを20回繰り返します。

【4】左右入れ替える

20回終わったら、立てているヒザと床に着いているヒザを入れ替えます。

タオルを握って、腕を伸ばしみぞおちの高さにしたら【2】とは逆に回転させます。

これも20回繰り返してください。

注意点

タオルを握って行わないと、バランスが取れずにうまく腰を回転させることができません。

必ずタオル(もしくは代用できるもの)を使いましょう。

1日行う回数は?

左右20回ずつを1日2セット行ってください。

たったそれだけで2週間後にはウエストが細くなってくるはずです。

人間、結果を数字で確認できればやる気も倍増してきます。

まずは2週間実践してみましょう。

慣れてきたらサポーターで効果アップ

エクササイズに慣れてきて、ウエストサイズのダウンを実感できたならそのまま続けましょう。

もし、もっと短期間でクビレを作りたいなら腰や脇を引き締めるサポートをしてくれるサポーターがおススメです。

コメントを残す

*