ダイエット

300kcal以上オフの食べて痩せるレシピ・カレーライス篇

食材をヘルシーにして美しさアップ!

無理なダイエットはカラダに悪いと言われますが、これは事実です。

ダイエット中でも好きに食べたい!

こんな欲求が積もってストレスになると逆に痩せにくいだけでなく、寿命も減っていくという研究結果もあるくらいです。

好きなものを食べてダイエットする

こんな理想を叶えるダイエットレシピをご紹介します。

料理に使われる食材の一部を、低カロリーなものに置き換えて満足感を得るというストレスフリーなレシピです。

今回は日本の国民食であるカレーライスのダイエットレシピをご紹介。

カロリーが300kcal以上OFFになるため、太るなんて気にせずにおいしく、楽しく食事ができますよ。


スポンサーリンク

ヘルシーダイエットカレー3つのポイント

市販のルーを使わずヘルシーカレーでダイエット

カロリーを気にせずカレーが食べられる

そんな夢のヘルシーダイエットカレーには3つのポイントがあります。

【ポイント1】ルーはスパイスとヨーグルトで

ヨーグルトでヘルシー料理を作る

通常カレーを作る場合、市販のルーを使うことが多いでしょう。

しかし、市販のルーは油分が多く高カロリーです。

代わりに、ヨーグルトとスパイスを用いることでそのカロリーを大幅に削減することができます。

これで222kcalほどカロリーを抑えることができます。

【ポイント2】鶏肉の皮は使わない

赤身の肉はヘルシーです

カレーの具材に使用する鶏肉は、カロリーの高い皮を剥ぎます

およそ63kcalの削減が見込めます。

【ポイント3】ご飯を減らす

カロリーの高い炭水化物であるご飯は減らしましょう

その代わりに、野菜サラダやピクルスなどヘルシーなサイドメニューで代用しましょう。

野菜たっぷり!ヘルシーなピクルス

どうしてもご飯が食べたい!
そんな場合は五穀米など白米よりはカロリーが低いもので代用すると良いでしょう。

おススメ「ヨーグルトカレー」レシピ

では、先に紹介した3つのポイントを踏まえたヘルシーなヨーグルトを使用したカレーのレシピをご紹介します。

準備する材料

ヘルシーな野菜でカロリーダウン

材料は次の通り、分量は4人前です。

具材

    鶏もも肉・・・1枚
    じゃがいも・・・2個
    いんげん・・・8本
    赤パプリカ・・・1個

鶏肉を漬け込む材料

  • おろし玉ねぎ・・・小1個分
  • おろしにんにく・・・1かけ分
  • おろししょうが・・・1かけ分
  • 塩・・・小さじ1
  • プレーンヨーグルト・・・300g

スパイス

  • 小麦粉・・・大さじ1
  • カレー粉・・・大さじ1
  • 固形スープの素・・・1個
  • トマトケチャップ・・・大さじ1と1/2
  • サラダ油・・・大さじ1

作り方

調味料で味を調える

材料を揃えたら調理を開始します。

【1】下準備

まずは下準備から。

  1. 鶏もも肉を「ひと口大」で切る
  2. ボールなどに「おろし玉ねぎ・おろしにんにく・おろししょうが・塩・ヨーグルト」を入れて混ぜ合わせる
  3. その中に鶏肉を入れて30分ほど漬け込んでおく

【2】野菜を切る

カレーの具材に使う野菜を食べやすいサイズに切っていきます。

【3】野菜を炒める

鍋にサラダ油をひいて熱してから、切った野菜を鍋で炒めます。

野菜の表面が少し変色してきたら、鍋に小麦粉とカレー粉を加えてサッと炒めます。

【4】煮込む

鍋に水400ml・固形スープの素・トマトケチャップを加えます。

そして下準備で漬け込んだ鶏肉をボールの中身ごと(つまりヨーグルトやおろし玉ねぎなど)鍋に投入。

弱火で15分~20分ほど煮込みます。

【5】味を調える

最後に塩で味を調えて完成です。

レシピ参照

レシピは以下を参照しました。

具材などはアレンジしてもOKですが、カロリーが低めの材料(主に野菜)を中心に使用しましょう。

  • 市販のルーを使わない
  • 肉は皮を使わない
  • ご飯は少な目

これらのポイントを忘れなければ、カロリーを気にしないストレスフリーなカレーが楽しめます。

コメントを残す

*