バストアップ

週1回からでOK!効率的に胸を大きくするトレーニング方法

ストレッチ

絶対に胸を大きくする!

決意を新たにバストアップのトレーニングに励んでも続かなければ意味がありません。

毎日根を詰めてトレーニングを行っても、長期間続かなければバストアップ効果は一時的なもの。

重要なのは、バストアップトレーニングで大きくなった胸を維持することです。

女性が胸を大きくしたいと願う理由は、自分のスタイルを良くしたいという単純明快な動機からでしょう。

そして、それを願わくば永遠に維持したいと思うはず。

永遠は無理でも、胸を大きくして維持するためには、長期間でバストアップトレーニングを継続していくことが鍵になります。

毎日毎日、1日も欠かさずにやるより、週1ペースだったら長期間で継続していくことが出来ると思いませんか?

今回ご紹介するトレーニングは、そんなゆる~いペースで行う方法なのです。


スポンサーリンク

バストアップトレーニングの特徴

この胸を大きくするトレーニングは、あまり一生懸命やらないことがポイントです。

これから説明するトレーニングを1日3セット行います。

しかし、毎日はやらずに、1週間に1回、多くても3日1回くらいのペースで実行しましょう。

理由は、短期的に集中してトレーニングするのではなく、長期的に継続させることを目的とするためです。

ゆるりとトレーニングしましょう。

トレーニングによるバストアップの効果

バストが大きいかどうかは、大胸筋と胸の脂肪、そして乳腺で決まります。

このトレーニングでは、バストの土台となる大胸筋が鍛えられるため、自然と胸のボリュームがアップして大きくなることが期待されます。

また、胸の筋肉が鍛えられると胸が張ってくるので、バストが垂れてしまうのを防ぐ効果も見えてきます。

ヨガ式バストアップトレーニングの方法

ではバストアップトレーニングの方法です。

簡単に説明すると、胸を鍛える膝を立てた状態の腕立て伏せになります。

【1】顔の緊張をほぐす

まずは準備体操。
顔が緊張していると、肩に力が入りやすくなるために緊張をほぐしていく。

耳たぶを回す

ヨガインストラクターが教えるバストアップストレッチ①耳たぶを後ろ回しで緊張をほぐす

耳たぶを持って、後ろ回しにで10回ほど回す

鼻を左右に

ヨガインストラクターが教えるバストアップストレッチ②鼻を左右に動かす

鼻をティッシュで噛むように挟み、左右に動かしてほぐす。

【2】四つん這いになる

ヨガインストラクターが教えるバストアップストレッチ③四つん這いになる

両手両ひざを床について四つん這いの体制になる。

両手の親指に体重がかかるように支え、脇はしっかりと絞める

【3】胸を床の方に倒す

ヨガインストラクターが教えるバストアップストレッチ④胸を床の方に倒す

四つん這いの状態から胸を床の方に倒し、床に着かないくらいで止める。

脇は絞めたままで、肘から下は床と垂直になるようにする。

【4】元に戻して、同じ動作を3回繰り返す

ヨガインストラクターが教えるバストアップストレッチ③四つん這いになる

元の体制に戻したら、再び胸を床の方に倒す。

この動作を計3回繰り返す

【5】再び四つん這いの状態から手を2つ分、外に移動する

ヨガインストラクターが教えるバストアップストレッチ⑤再び四つん這いに。手を外側に広げる

再び四つん這いの体制になる。

今度は、手を二つ分くらい外側の位置に置いて幅を広げる。

【6】胸を床の方に倒す

ヨガインストラクターが教えるバストアップストレッチ⑥胸を床の方に倒す

胸を床の方に倒す。
床に着かない位置で止める。

肘から下は床と垂直になるように。

【7】元に戻し、同じ動作を3回繰り返す

ヨガインストラクターが教えるバストアップストレッチ⑤再び四つん這いに。手を外側に広げる

四つん這いの体制に戻す。

同じ動作を3回繰り返す。

【8】最後に腕を軽く振って終わり

トレーニングは以上で1セットです。

これを3セット繰り返してください。

最後に、腕をブラブラと振ったり、軽く摩る、揉むなどして疲れが残らないようにしたら終わりです。

動画でチェック

このバストアップトレーニングをレクチャーしているのは、岩崎小夜子というリンパサロンの代表を務める女性です。

継続は力なり

長期間で継続的にゆる~く鍛えるのがこのトレーニングのポイント。

「胸を大きくしてやる!」と決意をした当初はモチベーションも高いので、集中できるはずです。

しかし、それを継続するのはとても困難。

胸を大きくして、それを長く維持するためには、長い期間トレーニングを継続していくことが重要です。

週1回、多くても週3回が目安のバストアップトレーニング。

まずは、気軽に初めてみましょう。

コメントを残す

*